アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
WMCOPY
ブログ紹介
776でございます。
連絡用ツイッターは
@mmbk776
です
zoom RSS

magaosi K5とONKYO GRANBEAT DP-CMX1

2017/12/27 11:17

最近はmagaosi K5ばっかり使ってる
まぁ、音楽聞くのって通勤時の電車内〜徒歩で職場につくまでと夜家族が寝静まった後だけなんだけど…
今日気が付いたのはmagaosi K3 proは遮音性があんまり良くないので通勤中の雑音がモロに入ってきてしまってるみたいなんだわ…
そりゃ、イヤホンに穴あいてるから音も入るわな…
逆にmagaosi K5は遮音性が高くて、イヤホンに穴も開いてないから音さえ出ればイヤホンの音に集中できるよね。

magaosi K5はONKYO GRANBEAT DP-CMX1と相性がすごく良い気がする。
他のプレイヤーと比較してないからってのもあるけど。

ONKYO GRANBEAT DP-CMX1は使ってみたら音楽再生部分に関してはすごく良くて、かなり気に入ってる。
スマホとして考えたらイマイチなところは多々あるけど、致命的にアウトなところはないかなぁ
(iPhone7と併用してるからモバイルスイカが使えない欠点は大目に見ています)

これだけ音質が気に入っちゃうと、スマホとしてもいろいろやりたいなーと思うわけで…
以下、ONKYO GRANBEAT DP-CMX1やってみたいこと、もしくはやってみたこと
・ONKYO GRANBEAT DP-CMX1で音ゲーム
 みんなが考え付くであろうこの案件
 やってみたらゲームアプリ自体の音質がもろに影響出て草…
 いまのところのおすすめはデレステかなぁ

・ONKYO GRANBEAT DP-CMX1で段ボールシアター
 個人的にはレンズ付きが良かったのでKONOZAMAでILLUSION THEATER ヘッドマウントディスプレイ(MS-BOXTHEAT)を500円くらいで買った。
 これはかなりオススメだけど、ケブラーケース付きのDP-CMX1を段ボールにはめるのが一苦労なのと、イヤホン用の穴をどうするかでまだ完成に至っていない…
 それと、はめたあとで操作が大変なのでBluetoothで操作できる何かを探しているところ。

・ONKYO GRANBEAT DP-CMX1で音楽聞き放題サービス
 ゲームと一緒でアプリの音質がもろに影響出マス。
 amazonはちょっと耐えられなかった…

・ONKYO GRANBEAT DP-CMX1でVRゲーム
 求:ケブラーケース付きのDP-CMX1が収納できるVRゴーグル
 求:音質の良いVRゲーム
 どこかでスマホ用VRゴーグル試せるところないかな…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MaGaosi K5 レビュー

2017/12/15 10:31
イヤホンレビューです。
個人的な主観と馬鹿耳の聴力で書かれていますので、これ違うぜーと思っても温かい眼で見守ってやってください。
聴いてる曲や個人的な好みによってもこの辺は左右されると思いますので。


これの前にMaGaosi K3 Proを買ったんすよ
中古7000円でイヤーピースが欠品でMサイズだけついてた
まぁ、イヤーピースはspinfitで代用するとして…
音に関して言えば、あぁ、確かに良いなと。
ただ、ノズルが太くてspinfit赤軸Mサイズだとイマイチ。
Sサイズでなんとか合う感じ。
むしろ、SSサイズでジャストフィットだぜ!
K3 Proがなかなか良かったので、K5も買ってみたんすよ。
というわけで、今回はMaGaosi K5のレビューです。


環境
DAP:ONKYO GRANBEAT DP-CMX1
ケーブル:ヤフオクで買った2.5mmバランスケーブル(あとでレビューします)
イヤホン:MaGaosi K5
音源:MP3だったり、Appleロスレスだったり、flac(ハイレゾ含む)だったり、MQAだったり

個人的な感動度
 [限りなく10に近い9/10]

買い方
 Konozama
 AliExpress?
 ま、ぼくはフリマアプリで買ったけどネ

音質
 久々にすげーぜ、これって思った。
 Konozamaだと今は2万オーバーだけど、それで買っても後悔しないんじゃないかなーと
 5BAあるせいか普段聞こえない音が聞こえてくる=分離が良い?
 音がすごくきれいに聞こえる、これのあとにK3 Pro聞くとなんか違和感感じるんだよね…
 イヤーチップにもよると思うけど、低音も程よく出てる
 馬鹿耳なので各音の詳細な評価はしないけど、かなりいい、他の人にも聞いてほしい。

フィット感
 なんか、イヤーチップがたくさん入ってるんだけど、使ってないのよ…
 SpinFit赤軸SSサイズ、FinalEタイプのSSを使って視聴してます。
 カスタムには及ばないけど、結構いい感じ。
 通勤に使っても耳が痛くならない!

遮音性
 須山のカスタムIEMに僅差で劣るくらいかな
 想像よりは良くないけど、使ってみるとこれで十分。音が出れば外音はまったく聞こえない。
 逆に再生止めれば音はそれなりに入ってくるので、電車内で遅延情報放送を確認するには良いと思う。


音漏れの有無
 未確認
 カスタムIEMみたいなシェルなので、たぶん漏れないと思われる。

その他
 DAPが低ボリュームでもかなり音が大きい=音量がとりやすい
 DP-CMX1のボリューム25〜30位が丁度良い、ちなみに須山333とかは30〜35位が丁度良い
 普通のスマホだと音量調節に苦労するかもしれない

イイトコロ
 この音でこの値段はやばいと思う。
 MMCX端子でケーブル交換が容易
 apt-X対応のBluetoothケーブル付きなのもいいね
 使ってないけど、イヤーピースがたくさんあるので初めてでもサイズや種類選択に困らないと思う
 大きいように見えるけど、shure掛けでカスタムIEM並みにすっぽりはまって耳から飛び出さない
 付属ケーブルも柔らかめで良い感じ

ワルイトコロ
 konozamaでも買えるけど、時間がかかるのと、中国からやってくるのが…とはいえ日本で売るとK3Pro→Beat-in HYBRIDみたいなことになりそう…
 apt-X対応のBluetoothケーブルが技適対応してるのかしら…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


Onkyo Granbeat DP-CMX1を買った

2017/12/15 09:20
じゃんぱらのアウトレットを買いました。
保障がじゃんぱらの3か月しかなかったけど、1年保証とか使ったことないし3か月保証もあれば十分と判断で購入。


これのまえにパイオニアのXDP-30Rをやっぱりじゃんぱらで買ったんだけど、スマホ2台持ち(iPhone7とHuaweiNova)でポケットがいつもパンパンで、XDP-30Rを別に持ち歩かなきゃいけないのと、音楽を聴くのに起動させなきゃいけないので聞くのがめんどくさくなっちゃったんだよネ…


第一印象はやっぱでかいし重い。
でも、それを考えても買ってよかったと思う。
HuaweiNova+XDP-30RをDP-CMX1に置き換えて、1か月位使ってみたけどかなり満足。


満足な点を並べてみるよ

満足点@:音質素晴らしいよ!
 バランス接続万歳!音質すごく変わるよね。
 方向性は少し変わるけど、ラズパイプレイヤーと同等くらいに良くなる気がする。
 DP-CMX1をポータブルで使って、据え置きはラズパイでよいかなー。みたいな。
 XDP-30Rから変更するにあたって、バランス出力は必須だった。
 そもそもDP-CMX1がアウトレット1次放出の時に買えなくてXDP-30R買ったんだけどね…
 まさか、2次放出があるとわ…

満足点A:すぐ音楽聞けるよ!
 XDP-30R買ったときはスマホ+DAPじゃなくて独自OS(Linuxだったかな)だからセキュリティとか気にしなくてよいよねとか思ってたんだけど、カバンから出す、電源入れる、イヤホン刺す、再生するがめんどい。
 起動するたびにまずSDカードスキャンするし、少し待たされるのもなんだかなーと。
 DP-CMX1はスマホなので常に電源ONだからイヤホン刺して音楽アプリ起動するだけでよいのはすごく楽。
 楽だと毎日使いたくなる!

満足点B:CPUがSnapdragon650
 HuaweiNovaはSnapdragon625で一般的なアプリを動かすにはそんなに気にならないんだけど、ゲームアプリを動かすと微妙にラグるんだよね…
 某アプリではクエストを選んだあと、開始押すと妙に時間がかかる…
 Zenfone3でも同じ動きしてたから、たぶんSnapdragon625が悪いと思う…
 iOSとandroid両方リリースされてるアプリで、諸事情によりできればandroidでやりたいなという状況でこの微妙なラグリは結構なストレス。Snapdragon650のDP-CMX1で動かしてみたらすごいスムーズで感動ですよ
 やっぱりスマホのレスポンスは大事だね!

満足点C:DSDS対応
 DocomoのFoma回線と格安Simを使ってる身としてはLTEと3GでDSDSができるのは必須。
 なので、満足というか必須項目だったり

満足点D:XDP-30Rと違ってバランス出力端子の抜き刺し感知ができる
 バランス出力が売りのXDP-30Rさんなのに、3.5mmの普通のイヤホン端子は抜いたら再生止まるのに、バランス端子は抜いても再生止まらない…
 でも、DP-CMX1はちゃんとバランス出力の抜き刺し感知ができて、再生も止まるよ!

満足点E:ストレージが大きい上にSimとmicroSDカードスロットが別々
DSDS機にありがちなSimとmicroSDカードスロットの共有化がされてないので、DSDS運用してもmicroSDカードを使えます。
ストレージが128Gで大容量なのも素晴らしい!

満足点F:Wifiが11ac対応してる
 HuaweiNovaはそもそも5G対応すらしてなかったのでこれは嬉しい!

満足点G:ゲームとかアプリもバランス接続できるよ!
 アマゾンプライムビデオとかもバランス接続で聞けるのはいいね。
 ま、amazon musicとかは標準プレイヤーと比べると音質がやばいけど…


ま、いいところばっかり書いててもアレなので、微妙な点も書きまくるぜ!

微妙点@:高いよネ
 高杉、定価は無理
 この点はじゃんぱらアウトレットが出たので、まぁ、我慢して買った。
 初期価格59800とかだったら最初から検討してたのに…

微妙点A:でかくて重い
 まぁ、スマホ+DAPにバランス出力つけてよくこのサイズにしたよねって思うけど
 やはり、ユーザーってものは欲深いものであり小さければ小さいほど良いのである…
 ギリギリズボンの前ポケットに入り、持ち歩いても気にならないので許容範囲です。
 文字入力は片手でなんとかできるけど、片手操作はムリポ…

微妙点B:素のアンドロイドすぎやしませんかね…
 個人的にですけど、googleアカウントで連絡先使いたくなかったけどアキラメタ。電話帳用のユーザー作ってくれてもよかったのに…
 あと、HuaweiNovaにあった電話のブラックリスト機能がないのよネ…
 ドコモだからキャリアのサービス無料で使えばいいんですけど、これはちょいめんどい。
 あと、そのままだとバッテリーのパーセント表示ができない。パーセントイネーブラー使うとか、システムUI調整ツールを使って表示しないといけない。スマホ詳しい人ならいいけどさ、DAP欲しくてガラケーからスマホにするとか、iPhoneから買い替えるぜ!って人にちょっと冷たすぎると思う。

微妙点C:アクセサリー少なすぎ、高杉
 フィルムはともかくケースが高いでござる。高杉でござる。
 あまりに高いのでケースなし運用を1週間したけど、持ちにくくて結局純正のケブラースリムケース(DPA-KCCMX1)を中古で買ったよ…中古なのに5千円以上したよ…
 高かったけど、このケースつけたらすごい持ちやすいし、つけてても薄くてきにならないしかなり満足した!
 iPhone7はスリムタイプのケース(Spigenのエアースキン)を好んでつけてたんだけど、これってばしばらく使ってるとボタンガードしてるところとかが伸びちゃって定期的に買い替えてたけど、iPhone用で同じような感じのケースがあったので変えてみたよ(アラミド繊維っていうの使ってるらしい)
 なんでケブラーとアラミドって違うのかなと調べてみたら、東レのページにアラミド繊維ケブラーって書いてあるやんけ!
 同じやんけ!
 iPhone用のケースもKonozamaセール価格で4千円台だったから、この繊維自体が高いのなと思ってみたり…
 ずっと使えるならこの値段でも仕方ないかなと思うけど、Huaweiみたいに最初から付いてたら良いのになと。

微妙点D:HOLDの仕様がなんだかなーと
 いや、わからんでもないけどスイッチの動作を設定で変えれるようにならんかったのかと。
 むしろ常にHOLDOffで使ってる…

微妙点E:セキュリティパッチくらいは提供しようぜ!
 OSアプデは工数もかかるししかたないけど、スマホとして売ったならセキュリティパッチは何とかしてほしいところ。
 スマホ部分は富士通が作ったっぽいし、委託終わっちゃってるのかしら…

微妙点F:カメラアプリがもう少し頑張ってほしかった。
 もすこしフォーカス速度はやかったらよかったのに…
 ま、アプリ入れろってことですかねー


これ1台をメインスマホとして考えるとまだまだもう少しかなーって感じだけど、
iPhone+androidかつFoma回線を使いたい自分には願ってもない機種でした。
おかげでイヤホン沼とバランスケーブル沼にはまってマス…

あとは耐久性次第…
某掲示板だとイヤホンジャックが壊れやすいような書き込みあるからなぁ…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


馬鹿耳とハイレゾとMP3の音質。

2015/03/04 23:36
表題の通りです。
円盤とMP3とハイレゾって、区別がつくものなのかしら…
というわけで比べてみようかなと。

今回比べるのはこのお歌
「吹雪」
まぁ、数少ない手持ちのハイレゾ音源の中で、選んだので…
ていうか、最近買ったので…
比べる為に円盤も買ってきました。
さすがに馬鹿耳にもわかるようにということで、円盤から複数ビットレートでエンコード。
円盤(44.1KHz16BIT)からエンコード
@ 64Kbps MP3
A 96Kbps MP3
B128Kbps MP3
C256Kbps MP3
D320Kbps MP3
EFLAC
FWAVE

買ったハイレゾ
48Khz 24Bit
GFLAC

我が家の現在の主力はEGですが、これがCDと比べてわかるかどうか、ですねー
使用OSはlightmpd0.09で、アップサンプリング設定はそのまま使用します。
それと、モバイル用としてruneaudioで確認します。
lightmpdはSTAX、runeaudioはmikina3611さんのHPA+ATH-MSR7を使用

結果ですけど意外と驚くべき結果になったというかなんというか…
@は間違いなくわかります。
これはいただけない音質…
Aもわかりますね。
でも、注意して聞かないとわからないかも。
Bもわかるような気がします。
多分…わかる…
C〜Gはあかんわ、わかんね。
最初から最後まで、何度も、じっくりと聞けばわかるかもしれませんけどねー

このページにMP3の音質について書かれています。
ポルノグラフィティの曲(ヒトリの夜)は違いが判るってありますなー
今はBESTのアルバムしかないからBESTからエンコードして後日比べます。
MP3のこと、こちらにも書いてありますね。

Gに関してですが、わからなかったのが意外というかなんというか…
Bit数が違うので、解像度が変わるはずなんですけどねー。
おそらくですが、音源が良くなかった。と。
良くいえばCDクオリティで十分、悪く言えば容量増やしただけで中身変わってないんじゃね?
ってところ。
画像

調べたところ、やっぱりCDクォリティっぽいですね。いわゆるニセレゾってやつです。

このサイトに良質ハイレゾ音源の一覧が出ています。
エヴァあたり買って試してみようかなーと。

暫定的にまとめれば、音源が同じならMP3の256kbps以上は微々たる差のようです。
馬鹿耳にはその微々たる差さえわからんのですよ。

ハイレゾに関しても音源が同じの場合はそんなに差がでないのではないかと。
今回テストした音源では馬鹿耳にはわかりませんでした。
ただし、ハイレゾ音源用に新しく作られた(録音された?)音源の場合は違いが判るものもあります。
個人的に上げるとすればkalafinaのBESTのハイレゾですが、これは音源が違うと思います。

ハイレゾを買う時は、音源に気を付けろ…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


RaspberryPiとI2SDACで格安ネットワークオーディオプレーヤーを作成する

2015/03/04 22:59
これまでの経験を活かしてこれからRaspberryPiとI2SDACを購入してネットワークオーディオプレイヤーを作成するぜーって人の為に
個人的な参考案を書きたいと思います。

参考案ですので、書いた通りにやってもお前の言うとおりにならなかった!とか言われても責任は持てませんのであしからず。

案1 RaspberryPiとI2SDACとアンプ内蔵スピーカーを買う
 ソフトはVolumioかruneaudioを使用し、サイズの大きいmicroSDカードを買う
 そこそこ良いな音が出れば良い人におすすめ。
 コストパフォーマンスはヤバいです。
 再生可能領域はMicroSDカードの空き容量だけになるので容量に注意(320kMP3ならたくさん入ると思う)
 無線LANアダプターを追加してruneaudioで頑張って設定すればスマホでコントロール可能な持ち運び可能なスピーカーシステムも可能だぜ!(要電源)

 構成案
  RaspberryPi:A+、B+、2
  I2SDAC:ケース付きがおススメ。
   ・【RE】ラズベリーパイ & I2S-DAC(ES9023) MPDキット
   ・【RM】ラズベリーパイ & I2S-DAC(PCM5102A) MPDキット
   のいずれかを買うといいと思います。
  スピーカー:RCA入力付きのアンプ内蔵の物、ProGroup MS-210Jでいいんじゃないかと。
  MicroSD:予算に合わせてなるべく大きいやつ(classは4あれば多分十分)
  その他:必要なら無線LANアダプタ、後ろボリュームが嫌ならボリュームコン(PC-1eとか)を追加する。あと、RCAケーブルがないのでどこかでやっすいケーブルを調達しましょう。(PC-1eを買うなら不要)


案2 RaspberryPiとI2SDACとアンプとスピーカーを買う
 ソフトはVolumioかruneaudioを使用し、サイズの大きいmicroSDカードを買う
 案1との違いはアンプとスピーカーが別ってところだけ。
 KONOZAMAでLP-2020Aが沢山売ってるのでそれを採用する案
 スピーカーとアンプによっては案1より良い音が出るかもしれませぬ。
 これもスピーカーの大きさ次第ですけど持ち運びできるかもしれませんね。

 構成案
  RaspberryPi:A+、B+、2
  I2SDAC:LP-2020A対応ケース付きがおススメ。
   【LE】ラズベリーパイ Lepai LP-2020A I2S-DAC(ES9023)MPDキット
   を買うといいと思います。
  アンプ:LP-2020Aで良さげなのをKONOZAMAで探す。
   (よくわかりませんがLP-2024A+とかがおススメなのかしら…)
  スピーカー:KONOZAMAとかヤフオクとかハードオフとかを駆使して頑張れ!
  MicroSD:予算に合わせてなるべく大きいやつ(classは4あれば多分十分)
  その他:必要なら無線LANアダプタ、RCAケーブルがなければどこかでやっすいケーブルを調達しましょう。


とりあえずーって人はこれでいいんじゃないかなーと。
家にNASがある人はlightMPDも良いと思います。
それと、これらの構成ではおそらくスピーカーとかアンプとかがボトルネックになると思われますので、アナログ入力で高音質なアンプ(ヘッドホンアンプ含む)と良いスピーカーなりヘッドホンを買うと更に沼に入れるとと思います。
ヘッドホンに行くなら個人的にはSTAXがおススメですよ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


格安ネットワークプレイヤーRaspberryPi2+I2SDACで格安のスピーカーを吟味する

2015/03/04 22:49
RaspberryPi+I2SDACで色々してきましたが、ヘッドフォンじゃなくてスピーカーで鳴らしたい時もあるよね。
STAXのヘッドフォンアンプはスルーアウト端子(RCA)付なので、そこにスピーカーを繋げば良い訳で。

色々吟味した結果、ミュージックハウス フレンズというところで売っているProGroup MS-210Jというのにしてみました。
・店舗ホームページでやたらめったら評価が良い(危険フラグ)
・代引きですら消費税込で6,179円という…(危険フラグ2)
・スイッチとかボリュームとかbass treble 調整ボリュームとか全部裏面(危険フラグ3)
・RCA入力のみ!しかも1入力のみ!(危険フラグ4、漢らしいw)
店の対応は速攻レベルで早く、指定日時にばっちり届きました。

繫いで聞いてみた感想ですが
まぁ、悪くはないんでないかなーと。
値段も違いますしSTAXと比べたらかわいそう。
Wikipediaに「スピーカでこの音を出すには金額が2桁余分にかかる」とか書かれてるし。
まぁ、そんなSTAXだって超高級スピーカーと比べたらかわいそうになるに違いない(適当)

今まで使ってた5.1chのシステムをスピーカーだけD-102EXにすげ替えたものよりは良い音で鳴ってると思われます。(元はPCからHDMI出力なので、スピーカー単体だけの比較ではないですけど。)D-102EXが悪いとは思いませんが、これ、ちょっと大きかったのよね…

D-102EXはヤフオクに捨て値で流すか、Lepai LP-2020A+とか買って組み合わせで流すか悩むところ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


RaspberryPiとI2SDACとPHPAのモバイルミュージックプレイヤーでヘッドホンを吟味する

2015/03/04 22:47
ヨドバシでいくつか視聴してきました。
重量級のシステムで容赦なく視聴。

以下のヘッドホンを視聴してみました。
DENON AH-MM400
 良いです。が、いいお値段がします。

AKG K712PRO
 良いです。が、開放型ですのでモバイル用途には不向き

Bowers & Wilkins P7 Mobile Hi-Fi HeadPhones
 良いです。が、いいお値段がします。

SENNHEISER HD700
 良いです。が、開放型の上、HD650あるしなー。

SENNHEISER MOMENTUM
 イマイチ、なんか音がこもって聞こえる。

SONY MDR-1A
 イマイチ、持ってるMDR-1RMK2よりは良いけどなんか音がこもって聞こえる。

オーディオテクニカ ATH-MSR7
 すごく良いです。密閉型なのに開放型みたいな音がしますよ。そしてそこそこリーズナブル!

ATH-MSR7の音はすごくお気に召したので、中古で安くないかなーってネットで探したんですけど、
赤(LTD)しか中古無くて、某なんたらドッドコムの他の色の最安より高いし。
結局、某なんたらドットコムに掲載されてるお店で購入しましたとさ。
ちなみに、オーテクヘッドホンは初めて。

お買い上げして、帰りながら聞いてましたが視聴時には気が付かなかった点はありますね。
・側圧がー、ソクアツガー
 視聴時は気が付かなかった、そのうち慣れるのかしら…
 直らなければティッシュ箱矯正の予感
 →三日目くらいで慣れましたw
・頭頂部がー、トウチョウブガー
 バンドの調整を最大にしてギリギリ。
それでも、ATH-MSR7の音はかなりお気に召しました。 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ネットワーク分離したRaspberry Pi2+I2SDAC+lightMPDに業務用のHUBを使用

2015/02/28 10:01
もうここまで来るとオカルトの域になりかけてる気がするぜw

デジファイのおとさんの掲示板に
NETGEAR GS105E-200JPS
という商品が話題に出てました。
業務用ギガビットLANハブの癖に4000円しないぜ!
ノイズ対策に良いのではないかって話。
VLAN機能がついているらしく、5ポート全てを使って
1:家庭内LANと接続
2:ネットワーク分離用ルーターのWANへ
3:音楽用NASと接続
4:ネットワーク分離用ルーターのLANへ
5:Raspberry Pi2へ
と刺して、1〜3と4,5をネットワークを分離することでなんだか良い感じにノイズ対策できそうです。
掲示板には良い電源に替えたほうが良い的なことも書かれてましたが、まぁ、お金ないので見なかったことにしました。

それと、こいつらを繋ぐLANケーブルですが、PCオーディオ実験室さんにカテゴリー7のケーブルが良いぜーって書いてあったので
KB-T7ME-02BKWを1本
KB-T7ME-005BKRを4本買ってつなぎました。
このケーブル、昔実家にあったコタツの電源ケーブルみたいだ…

ちなみに、VLAN設定をしたんですがなんかうまくいかなかったので
ファームアップをして、タグVLAN IEEE802.1Qの基本設定で分けたらうまくいきました。

効果に関しては良くわかりませんでしたが、まぁ、きっと良いということにしておきましょう


これで一応の完成な感じですかねー
上を見ればきりはないですが、これ以上しても沼すぎますので家内ヘッドフォン視聴用環境はこんなもんにしておこうかと思います。

使用した機材とかソフトとかのスペック
HPA:Airbow SRM-253
HP:STAX SR-307
PC:Raspberry Pi 2 Model B
MicroSD:余ってた2G
DAC:I2SDAC[5102A]
ACアダプタ:DOCOMO ACアダプタ 04
OS+soft:lightMPD0.09[Raspberry Pi2用]
NAS:Synology DiskStation DS115jに余ってた3.5インチ1GHDDを搭載
ネットワーク分離用ルーター:余ってたBuffaloの無線ルーター
ネットワークHUB:NETGEAR GS105E-200JPS
LANケーブル:KB-T7ME-02BKWKB-T7ME-005BKR

何から始めようかなーって思った人は
とりあえずNASとRaspberry PiとI2SDACさえあれば良い感じで鳴らしてくれるはず。
出来ればRaspberry Pi2が良いと思います。
Volumioは正規バージョンが出てるっっぽいし、runeaudioは海外で誰かが改造した対応バージョンが出てるみたいです。
lightMPDは当然、公式で対応版出てますし。
それと、I2SDACは必須かと思います。
これがないなら他のシングルボードPCで良いんでないかと。
I2SDAC欲しいけどはんだ付け出来ないぜーって人(自分もですが)は以下の物を買うと良いと思います。
LINUXCOM ネットショップのRBD-02+
ヤフオクにアクリル2枚ケース付きの物が出品されています
どちらもおすすめです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Raspberry Pi 2とI2SDACを購入し、lightMpd0.09をためす。

2015/02/28 09:51
結局4号機も作ったし。(Raspberry Pi 2 Model B + PCM5102A)

デジファイのおとさんの掲示板でリサンプリング設定でお世話になってる時に
Raspberry Pi 2 Model B版のlightMpd0.09が出たので
Raspberry Pi 2 Model BとPCM5102A使用のI2SDACを購入。
I2SDACはケース(アクリルケース2枚だけど)付きで3500円しません。
二つ合わせても1万切りますな…
他に必要なのはmicroSDカード(家に落ちてた2Gのを使いました)と電源くらいでしょうか…

正直、Raspberry Pi Model BとRBD-02でRaspberry Pi版のlightMpd0.08を鳴らすのと大差ないだろうなーなんて思ってましたけど、
聞いてみたら全然違うのね。
設定の違いなんてリサンプリング設定がaudio_output_format:"X2L2:24:2"と"X4L4:24:2"くらいしかないと思うんだけど…
CPUパワーのせい?
I2SDACのせい?
あとは説明文にあった並列処理の違いなのかしら…

とにかく、かなり違います。
音の分離がさらに良くなりました。
変更前まで聞こえなかった音が聞こえる。
HPA+HPはSRM-253とSR-307で変わってないんだから間違いなくRaspberry Pi 2 Model B+lightMpd0.09の音で変わったんだろうなー
DA-300USBもアップサンプリング機能がついてますけど(っていうか常にONっぽい?)初めて聞いたとき、特に感動はしませんでした。

この価格でこれだけの音が出せるのは感動です。
これは、SRM-252AとSRM-253の違いもわかりやすいかも!?
SR-2020Aはもうドナドナしようとしまってしまったのだけれども、一度出して聞き比べてみようかな…



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


raspberry pi+I2SDAC+lightMPDをネットワーク分離する

2015/02/28 09:46
NASを導入し、lightMPDの音出しに成功したのですが、なーんか聞き疲れがする感じ。
もう少しなんとかならんかなーと思い情報収集した結果、
・アップサンプリング設定を行うこと。
・ネットワークプレーヤ用ネットワークを確立すること。
この二つを試してみることにしました。

今回の記事ではネットワークプレーヤ用ネットワークを確立のことを書きます。

デジファイのおとさんのdigifi laboにのっていますが、
個人的ないい加減な認識ですと、(間違ってるかもしれません)
@ネットワーク内にもう一台ルーターを配置し、その配下にraspberry pi+I2SDACを配置
A新しく配置したルーターにIP FORWARD機能を設定し、配下のraspberry pi+I2SDACにはlightMPDで使用するPortの通信だけを行う
これにより、raspberry pi+I2SDACに不要な通信が行かなくなるという事みたいです。
家庭内LANにテレビとかレコーダーとかゲーム機とかプリンターとか繫げてれば家庭内LAN全体に通信することが多いと思いますので、これは効果ありそうな…

配置に関しては人それぞれだと思いますので割愛します。
我が家では余ってたBuffaloの無線ルーターがありましたので、これを初期化して無線機能をはじめとする不要な機能は全てオフにして使いました。
音質は良くなりましたが、リサンプリング設定も同時に行った為にこれの設定でどのくらい変わるかは未知数ですね。

高音質設定
ネットワークプレーヤ用ネットワークを確立:効果あり(リサンプリング設定と同時にやった為、これだけで効果あるかはわかりません)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


raspberry pi+I2SDAC+lightMPDの高音質設定を試す

2015/02/28 09:44
NASを導入し、lightMPDの音出しに成功したのですが、なーんか聞き疲れがする感じ。
もう少しなんとかならんかなーと思い情報収集した結果、
・アップサンプリング設定を行うこと。
・ネットワークプレーヤ用ネットワークを確立すること。
この二つを試してみることにしました。

今回の記事ではアップサンプリング設定のことを書きます。
弄ったのは以下の2点です。
audio_output_format
・"X2L2:24:2"に変更
(96.0Kを上限に倍にする。24bit2チャンネル)

samplerate_converte
・"Fastest Sinc Interpolator":Flac44.1K、48.0K共に問題なし。
・"Medium Sinc Interpolator":Flacの再生は44.1Kは音が飛んだりせず大丈夫でしが、、48.0Kになると間に合わないようで再生の途中から音が飛んでしまう
・"Best Sinc Interpolator":動かないっぽい
Foobar2000でいうSoX Resamplerも搭載されてるっぽく、samplerate_converteには以下の設定も使えるようです
・"soxr very high":Flac44.1K、48.0K共に問題なし。
・"soxr":very highが使えたので設定してません
・"soxr medium":very highが使えたので設定してません
・"soxr low":very highが使えたので設定してません

上記設定に変更したところ、聴き疲れもなく、良い感じで鳴ってくれます。

高音質設定
リサンプリング設定:効果あり(ネットワークプレーヤ用ネットワークを確立と同時にやった為、これだけで効果あるかはわかりません)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


raspberry pi+I2SDACでlightMPDを試す。

2015/02/28 09:43
シングルボードコンピュータでlinuxを走らせて音楽を聞こうという情報を知り、初めてやろうかなーと思えるソフトだったのがデジファイのおとさんで配布されているlightMPDでした。
ightMPDは気にはなっていてBBBを買いかけたんですけど、Volumioやruneaudioと比べると導入の敷居が高かったですし、BBBにはUSBDACしか対応してないっぽい感じだったのでraspberry pi+I2SDACに落ち着いた感じでした。
raspberry piの情報を色々調べていると、raspberry pi用のlightMPDを作成中との情報があり、非常に楽しみにしていました。
そして、きたる、2月10日、とうとうraspberry pi用のlightMPDが公開されました。
もうこれは試すしかないよね!
てな感じで試してみたんですけどNASの認識がされません。
我が家のNASはBuffaloなんですが、どうもそれがあかんっぽいです…
デジファイのおとさんではQNAPを使用しているようですし、PCオーディオ実験室さんではSynologyを使用してるみたい。
BuffaloはNFSが使用できないし、NFS接続だと音質が良いらしいし、家に転がってる1TのHDDが使えるし、Synologyの一番安いNASを買うことにしました。
購入したのはこちら「Synology DiskStation DS115j

NASを変えてみたらすんなりつながりました。
なんてこと…
やはりBuffaloはあかんのか…
(後日たかじんさんのページのコメントにて接続オプションを明示しないとダメだったことが判明しています)
DS115j君には音楽アクセス専用NASとしてこれから頑張ってもらうことにします。
データバックアップのNASと音楽アクセスのNASは違う方が良いと思いますし。

ちなみに導入当初はNFS接続ができませんでしたが設定を見直した結果、NFS接続ができるようになりました。
注意点としては
・CifsとNFSはマウント文字列が違う。
・NFSの許可アドレスを指定しているとなんかうまくいかない。

そして肝心の音質ですが
音質は良いとは思うんですけど聞き疲れする感じです。(高音に問題あり?)
うーん…期待していたが…これは…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


raspberry pi+I2SDAC+runeaudioでポータブルオーディオのノイズ対策を考える

2015/02/28 09:39
WLI-UC-GNM2ですが、小さいのはいいんですけどポータブルオーディオがノイズを拾ってしまって気になるので対策を考えることにしました。
無難そうなのがUSB延長ケーブル+フェライトコア
でも、この二つを買うと1000円コースでしたのでフェライト素子を使ったというUSB延長ケーブルBSUAAHFC210BKを買いました。
んで、使ってみた結果ですけど…
だめというか、大丈夫というか…なんとも微妙なところ。
どうもUSB無線アダプタがノイズを発生させてるのは間違いないんですけど、USB経由のノイズではないっぽくて、USB無線アダプタ自体が発生させてる無線の信号かなんかをraspberry piかI2SDACかPHPAが拾ってるっぽいです。なので、フェライト素子はまったく意味をなしません。
解決策としてはUSB無線LANアダプタを出来る限りpberry pi+I2SDAC+PHPAから遠ざけること。
これで解決しました。
ノイズは聞こえなくなりましたが、もうポータブル機ではい感じになってしまったわ…
WLI-UC-GNM2と同じチップを使いつつノイズが発生しないUSB無線アダプタを探せば万事解決なんですけど、それはそれでめんど…くさい…
ていうか、ノイズ発生しない無線LANチップとかなさそうな雰囲気…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ポータブル用途のポータブルヘッドフォンアンプを新調する。

2015/02/28 09:36
低価格でraspberry pi+I2SDACの素敵再生環境を整えたので、
低価格尚且つ高音質なPHPA(ポータブルヘッドフォンアンプ)を探すことにしました。
最近流行のUSBDAC機能は不要なのです。
そんなの付けるくらいならアンプの音質を上げて欲しい訳で…
手元にあるのはXM5だけで他の子は里子に出しちゃってないんですよね…
そのXM5すら内蔵バッテリー(9V充電電池)が死んでしまって電池替えるたびに全分解しないといけない…
XM5は専用の六角レンチじゃないと分解できなくて…めんどくさい…
引っ越しの際にSTEPDANCEがどこかに行ってしまって家探ししてもないとか…

まぁ、そんなわけで新しい子を探すことに。
条件はこんな感じ。
・予算15000
・アナログアンプ機能のみ(USBDAC機能はいらない)
・電池交換が楽にできるか、充電式バッテリー内蔵
・なるべく高音質
・可能ならRCA入力、最低でもステレオミニジャック

こんなのあるわけねーわなーって自分でも思います。
と言いたいところなんですけど、何気に見つかってしまいましたよ。
出元はヤフオク(出品者様の出品リストに飛びます)です。
なんと、一万円以下で落札。
出品者様の方で手作りしてるみたいです。
手作りですので、メーカー物にありがちな色々な手数料がないのでメーカー品とかよりいい音が出そうです。
2台分のアンプ回路内蔵らしいですよ。
それを1台ずつ左右に分けていて、独立して動作するとのこと。
それと、このアンプはオペアンプが交換可能なのです。
まぁ、左右独立なのでオペアンプも二つ必要なのですが…
落札後に送っていただいたマニュアルによればMUSES02というオペアンプがおすすめとのこと。
マニュアルに高いって書いてありましたがオペアンプってそんなにしないだろーと調べてみて仰天。
3400円だとぅ!?
なんだこれ…
マニュアルにおすすめってあるし、買っても予算オーバーしないし、気になって仕方ないので秋葉原の秋月で買いました。
まぁ、オペアンプ交換なんてほとんどしたことないですから、やっちゃいましたよ。
そのまま刺さるんだよねー的な感じでさくっと刺してみたら足まがったわw
なんとか直して刺し直し。折れなくて良かった…
2つ目はあらかじめ足を曲げてから刺したので何事もなく刺さりました。

そして肝心の音質ですけど(ゼンハイザーHD650使用)
オペアンプ交換前:あー、普通のPHPAだね。市販品と比べても遜色ない、安くていい買い物だったわー
オペアンプ交換後:なんだと… これ、市販品のPHPAから出る音を凌駕してるぞ?家用のSTAXで聞くのと遜色ない感じがするぞ。
ていうくらい変わりました。
音の分離というか解像度がすごく良くなった気がします。
ただし、どうもヘッドホンを選り好みする性質があるみたいで
10点満点とすると(個人の感想ですけど)
ゼンハイザーHD25-1 II:8
ゼンハイザーHD650:10
Etymotic Research ER4P:8
Ultimate Ears Triple.fi 10 PRO(須山リモールド):9
須山補聴器 FitEar Private 333:9
オルトフォン O-one:4
SONY MDR-1RMK2:1
みたいな感じになりました。
SO-02G直刺しだとどれもそんなに変わらない感じなんですけどね…
raspberry pi+I2SDACにこのPHPAだと、どうしてこんなにヘッドフォンで変わるのか…
ヘッドフォンでものすごい変わります。ヘッドフォンどれもそんなに変わらねーとか思っててごめん。
家用はSTAXあるから売ってしまおうか迷ってたHD650、マジごめん。
これは視聴機いっぱいある店にいって視聴しまくりたい!

ちなみに、上流も選り好みします。
iPod nano (第 6 世代)のDOCKコネクタOUTでは全然性能出せませんでした。
SONY A846もゲイン不足でHD650は全然ならせません。
ゲイン不足に関しては落札時に高ゲイン、低ゲイン選べますので自分の選択ミスなんですけどね。
上流に関してもraspberry pi+I2SDACの音質が良いってことがこれで判明ですね。

少し問題なのが無線LANの発振ノイズを拾うっぽくて
無音時(曲間)に一定間隔のノイズが流れます。
有線LAN接続だとならないので、まぁ、ほぼUSB無線LANが犯人と思われます。
PHPAをXM5にするとノイズを拾わないので、ある意味このPHPAの精度の高さがわかるってもんですけどね。
これは対策を考える必要があります。

なんていうか、今までのイヤホンやヘッドフォンに対する考えが根底から覆ったですよ。
一定以上のイヤホン、ヘッドフォンになると多少の違いはあるけど好きなの選んだら良いんでない?って思ってた。
でも、raspberry pi+I2SDACにこのPHPAだと違う。
買ったけど値段の価値があるのかわかんねーなーとか思って売ってしまったULTRASONE edition8 RutheniumやDENON AH-D7000にごめんなさいしたい。
まぁ、もうお金ないから買い戻せないけど…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


raspberry pi+I2SDAC+runeaudioでポータブルオーディオ化に成功

2015/02/28 09:29
runeaudioをモバイルアクセスポイント機能を追加し、iPhoneからアクセスポイントに参加、アクセスしてコントロールしました。

iPhone

「B+DAC」−モバイルバッテリー

PHPA−HP
結構良い感じで鳴ってくれます。
ただし、無線LANアダプタのノイズを拾っちゃうみたいなので対策が必要です。

raspberry pi+I2SDACのケースは良さげなケースが見当たらなかったので
近所のダイソーを物色し、印鑑ケース購入。
これをデザインナイフでカットしてケースとしました。
ケース代:108円+工作費:プライスレス!

必要な手順は以下に書きます。
個人の備忘録として残します。
大分端折ってるので参考にはならないと思います

まずこれを設定する
BUFFALO WLI-UC-GNM2でAP(親機)モード


SDの残りの領域をext4にする
Fdiskで領域作成
fdisk /dev/mmcblk0
n
p
3
デフォ
デフォ
w

赤文字出たらリブートする

フォーマットする
# mkfs.ext4 /dev/mmcblk0p3

これ、いるかわかんないけど一応やる
マウント
# mount /dev/mmcblk0p3 /mnt/MPD/LocalStorage

dfでマウント確認
# df -h

/etc/fstabの記載に以下を追記する
# nano /etc/fstab
/dev/mmcblk0p3 /mnt/MPD/LocalStorage ext4 defaults,noatime 0 0

更新する
http://runeaudio.local/dev

転送は以下を使用する。
WindowsとLinux間でファイルを安全にコピーするpscp
SFTPで接続すること
http://vogel.at.webry.info/201310/article_10.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


raspberry pi+I2SDAC+volumioでポータブルオーディオ化できないかチャレンジ

2015/02/27 12:50
raspberry pi+I2SDACでネットワークプレイヤーを作って思ったのが
ポータブルオーディオ化したいな。ということ。
問題となりそうなのは4点ですが、そのうちの3点はクリア済み
電源:raspberry pi自体はmicroUSBからの電源供給なのでモバイルバッテリーがあれば問題ない。
音量調整:ポータブルヘッドホンアンプを使用すれば問題ない。
ストレージ:volumioはSDカードの余った部分を設定すれば使えるようになるので問題ない。

残りは…
これ、どうやってコントロールすればいいのかしら…
volumioは外部のPCやらスマホやらでコントロールするんですが
その為にはネットワークに参加していないといけない訳で…
これは非常に困った…
モバイルルーターを調達しようか悩んでいたのですが
ブログで同じ目的で使用している方を発見しました。
その方はスマホをテザリングして、raspberry piをそのテザリング用ネットワークに参加させてコントロールしているようです。
これは素晴らしいじゃないか。

思い描いた図に完璧にマッチ!
テザリング端末
 ・
「raspberry pi+DAC」−モバイルバッテリー
 |
PHPA−HP

というわけで、参考にさせてもらって設定してみたんですけど、なんかうまくいきません。
テザリングネットワークに参加できてない気がします。
なんでやねんーと、いうところで残念
もう少しいじってみたいと思います。
まずは自宅wifiが繋がるか試した後でテザリングネットワークに参加できるか試すべき…なんでしょうね。

後にruneaudioを使用してポータブルオーディオ化に成功しましたのでvolumioを使ってのチャレンジは断念しました。
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


volumioを導入

2015/02/27 12:36
Raspberry PiとI2SDACを最初に買って導入したのはvolumioでした。
たかじんさんのページに詳細な導入手順がありましたので、音が出るまでほとんど困ることはありませんでした。
音ですが、Raspberry Pi+I2SDACのほうがRaspberry Pi+DA-300USBより良い音がしました。
まぁ、この「良い」の判断が個人的主観ですので判断が難しいところ。

導入手順ページのリンクによればSDカードの空き領域にファイルを入れて再生するとNASにファイル置いた時より良い音が出るらしい…
SDカードの空き領域を作るのはちょっと手間でしたけど、何とか完了。
volumioはsambaが標準で起動するようですのでWindowsPCから難なくファイルをコピーすることができました。
volumioで認識もでき、再生することも可能です。
が、ワタクシにはNAS再生とSDカード再生で音質の違いはわかりませんでした。
SDにデータを入れる利点としては
・NASに繫いでなくても再生できるので持ち運び可能
これにつきます。(個人の感想です。)
・友達の家でRaspberry Pi+I2SDAC無双したいぜー!とか
・モバイルプレイヤーにならないかしら…とか
個人的には「モバイルプレイヤーにしたいなぁ」という野望が…

音質強化の感想
SDから再生:わかりませんでした!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ネットワークオーディオ沼

2015/02/27 12:30
最近はまってるネットワークオーディオですがこんな感じで沼ってます。

Raspberry PiとI2SDACを購入
volumioを導入
volumioでポータブルオーディオ化できないかチャレンジ
runeaudioでポータブルオーディオ化に成功
ポータブル用途のポータブルヘッドフォンアンプを新調する。
無線LANが発振してるっぽくて無音だとノイズがのるので対策案を考える
無線LANによる発振対策を行ってポータブルオーディオ完成(但し大きい)

lightMPDを試す

lightMPDを高音質設定を試す
Raspberry Piをネットワーク分離する
Raspberry Pi 2とI2SDACを購入
lightMPD(Raspberry Pi 2用)を試してみる

業務用のHUBを使用してノイズ対策をしてみる
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ラズベリーパイとI2SDACでSTAXの再生環境を整える

2015/02/16 19:20
ご無沙汰でした。

以前の環境
PC:メインPC(Windows7 64bit)
SOFT:Jriver Media Center 20
DAC:DENON DA-300USBS

ヘッドホン:AIRBOW SRM-253++STAX SR-307
でした。

ネットを色々徘徊していると
LinuxベースのシングルボードコンピュータでMusic Player Daemonを使用するのが流行ってるみたいなので乗ってみました。
現在環境
用途:自宅ヘッドホン用
PC:Raspberry Pi Type B 512MB
SOFT:lightMPD-v0.08
DAC:I2SDAC(RBD-02[PCM5102A])
ヘッドホン:AIRBOW SRM-253+STAX SR-307

に変更しました。

なかなかよくできてるので2号機も構築
PC:Raspberry Pi Model B+ (Plus)
用途:スピーカー用
SOFT:Volumio1.51
DAC:I2SDAC(ヤフオク購入品[ES9023])
コンポ+スピーカー:ONKYO CR-D2+D-D2E


調子に乗って3号機も作ったぜー!
用途:モバイル用
PC:Raspberry Pi Model A+

SOFT:runeaudio0.3β
DAC:I2SDAC(RBD-02+[PCM5102A])
ヘッドホン:自作ヘッドホンアンプ(ヤフオク購入品[MUSES02*2])+HD25-1 IIER4P
HD650

変更した理由ですけど
・ミーハー
・音質を求めて
・WindowsPCレスでSTAXに音楽出したい
・Raspberry Piの消費電力量が少ないらしい
ですかね。

NASもファンレスのオーディオ用を買おうかと思ったんですけどRaspberry PiのOS用ストレージにサイズが大きめ(32G)のmicroSDを差し込み、余った領域をストレージとすることでオーディオ用のNASより良い環境になるそうなので、良く聞く曲はここに入れて再生する方針にしました。
と、いいたいところですがlightMPDがBuffaloのNASを読めなかったのでSynologyのNASを買いましたとさ。
SDカード再生はモバイル用途になりました。

環境構築までにWindowsPCによる作業がありますので少し手間がかかりましたが金銭的にはDA-300USB1台買う価格で3台環境ができますのでお勧めです。
肝心の音質はなかなか良い音で鳴ってくれます。
変更前の環境より全然良いです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


でんわ きょうそうきょく

2012/05/08 10:55
オーディオは遠ざかってます…
最近のマイブームはスマホとか通信機器

回線
どこも がらけー(タイプシンプル バリュー、パケ・ホーダイ、iモード*シンプルでメール使いホーダイ)
どこも Xi電話(タイプXiにねん、Xiパケ・ホーダイ フラット、spモード)*相方回線
どこも Xiデータ(Xiデータプラン フラット にねん、spモード Xi2割で毎月3980円→白ロムタブレットで2980円になるか実験中)
あう  その1(プランSSシンプル、IS NET、ダブル定額)
あう  その2(プランSSシンプル、IS NET、ダブル定額)

持っているもの
どこもの子
Xperia SO-01B(ThGoモード。なかなか色々遊べて良かった。今は控え。)
Xperia arc SO-01C(元メイン。2台有。神機の為、1台は予備機として保管。もう一台は相方のメイン)
GALAXY NEXUS SC-04D(値下狂想曲により2台購入。1台は義理のぱぱにあげた。もう1台は本体出荷済。)
ARROWS X LTE F-05D(メイン機→控えに降格。電池消費量がマッハ!使わない時はarc並に減らない。でも機嫌が悪いとマッハ!)
MEDIAS LTE N-04D(里親募集中なので、そのうちいなくなります。いじってもいないや。本体出荷済)
GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D(7000mAhのでんちぱわーでテザリングだ!タブレットとしてもなかなかよいぞ!)
MEDIAS Tab N-06D(3610mAhのでんちぱわーでテザリングだ!タブレットとしてはいまいちだぞ!)
P-04A(がらけー。予備機)
P-09A(がらけー。メイン機。本体が指紋だらけになること以外はまんぞくだ!)

白いぬの子
HTC Desire HD 001HT(SIMFree化後一時メイン。白いぬ回線じゃない為か電池がマッハ)
Dell streak 001DL(でかいのでメインにはなりませんでしたw)
iPad 16G(GPSの為に白ロムを買いましたが契約する気はありません…)

あうーの子
G'zOne IS11CA(黒い子。D社データ回線から違約金を払ってMNP新規0円。データ通信なしの無料電話1000円分で毎月15円維持可。本体出荷済)
G'zOne IS11CA(カーキの子。D社データ回線から違約金を払ってMNP新規0円。データ通信なしの無料電話1000円分で毎月15円維持可。本体出荷準備中)
Xperia acro HD IS12S(メイン、黒い子。D社美男転出により0円でゲットして即D社に戻り、そしてあう内SIMフリーの特性を活かし、IS11CA回線で運用)
iPhone4s 64G(メインその2、白い子。Yオクより購入。あう内SIMフリーの特性を活かしIS11CA回線で運用)

ふりーとかWiFi専用の子
iPhone4 32G(しんがぽーるから来た!一時期メイン。ホームボタン不良によりandroidにその座を奪われる。本体出荷済)
iPad 64G(一時期は超素敵だったんですが…寄る年波には勝てませんでした。つーか2買えばよかったわ…)
Eee Pad Transformer TF101(キーボードと合体する素敵端末!でも、動画再生機能がSC-01Dの足元にも及びません…tegra2ェェェ…)

るーたーちゃん
PWR-100f(SIMFreeいろんなところでちょーべんり!)
L-09C(里親が決定したのでいなくなります。本体出荷済)


メイン機の流れ
iPhone4(SIMFree)→SO-01B(カスタムROM)→001HT(カスタムROM)→SO-01C(rooted)→F-05D(ノーマル)→
現在
N-06D(ノーマル、テザリング)+IS12S(無料通話+モバイルsuica+Wifi)+iPhone4S(無料通話+wifi)+P-09A

気が向いたら適当にレビューします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

WMCOPY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる