アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「音楽」のブログ記事

みんなの「音楽」ブログ


MaGaosi K5 レビュー

2017/12/15 10:31
イヤホンレビューです。
個人的な主観と馬鹿耳の聴力で書かれていますので、これ違うぜーと思っても温かい眼で見守ってやってください。
聴いてる曲や個人的な好みによってもこの辺は左右されると思いますので。


これの前にMaGaosi K3 Proを買ったんすよ
中古7000円でイヤーピースが欠品でMサイズだけついてた
まぁ、イヤーピースはspinfitで代用するとして…
音に関して言えば、あぁ、確かに良いなと。
ただ、ノズルが太くてspinfit赤軸Mサイズだとイマイチ。
Sサイズでなんとか合う感じ。
むしろ、SSサイズでジャストフィットだぜ!
K3 Proがなかなか良かったので、K5も買ってみたんすよ。
というわけで、今回はMaGaosi K5のレビューです。


環境
DAP:ONKYO GRANBEAT DP-CMX1
ケーブル:ヤフオクで買った2.5mmバランスケーブル(あとでレビューします)
イヤホン:MaGaosi K5
音源:MP3だったり、Appleロスレスだったり、flac(ハイレゾ含む)だったり、MQAだったり

個人的な感動度
 [限りなく10に近い9/10]

買い方
 Konozama
 AliExpress?
 ま、ぼくはフリマアプリで買ったけどネ

音質
 久々にすげーぜ、これって思った。
 Konozamaだと今は2万オーバーだけど、それで買っても後悔しないんじゃないかなーと
 5BAあるせいか普段聞こえない音が聞こえてくる=分離が良い?
 音がすごくきれいに聞こえる、これのあとにK3 Pro聞くとなんか違和感感じるんだよね…
 イヤーチップにもよると思うけど、低音も程よく出てる
 馬鹿耳なので各音の詳細な評価はしないけど、かなりいい、他の人にも聞いてほしい。

フィット感
 なんか、イヤーチップがたくさん入ってるんだけど、使ってないのよ…
 SpinFit赤軸SSサイズ、FinalEタイプのSSを使って視聴してます。
 カスタムには及ばないけど、結構いい感じ。
 通勤に使っても耳が痛くならない!

遮音性
 須山のカスタムIEMに僅差で劣るくらいかな
 想像よりは良くないけど、使ってみるとこれで十分。音が出れば外音はまったく聞こえない。
 逆に再生止めれば音はそれなりに入ってくるので、電車内で遅延情報放送を確認するには良いと思う。


音漏れの有無
 未確認
 カスタムIEMみたいなシェルなので、たぶん漏れないと思われる。

その他
 DAPが低ボリュームでもかなり音が大きい=音量がとりやすい
 DP-CMX1のボリューム25〜30位が丁度良い、ちなみに須山333とかは30〜35位が丁度良い
 普通のスマホだと音量調節に苦労するかもしれない

イイトコロ
 この音でこの値段はやばいと思う。
 MMCX端子でケーブル交換が容易
 apt-X対応のBluetoothケーブル付きなのもいいね
 使ってないけど、イヤーピースがたくさんあるので初めてでもサイズや種類選択に困らないと思う
 大きいように見えるけど、shure掛けでカスタムIEM並みにすっぽりはまって耳から飛び出さない
 付属ケーブルも柔らかめで良い感じ

ワルイトコロ
 konozamaでも買えるけど、時間がかかるのと、中国からやってくるのが…とはいえ日本で売るとK3Pro→Beat-in HYBRIDみたいなことになりそう…
 apt-X対応のBluetoothケーブルが技適対応してるのかしら…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Onkyo Granbeat DP-CMX1を買った

2017/12/15 09:20
じゃんぱらのアウトレットを買いました。
保障がじゃんぱらの3か月しかなかったけど、1年保証とか使ったことないし3か月保証もあれば十分と判断で購入。


これのまえにパイオニアのXDP-30Rをやっぱりじゃんぱらで買ったんだけど、スマホ2台持ち(iPhone7とHuaweiNova)でポケットがいつもパンパンで、XDP-30Rを別に持ち歩かなきゃいけないのと、音楽を聴くのに起動させなきゃいけないので聞くのがめんどくさくなっちゃったんだよネ…


第一印象はやっぱでかいし重い。
でも、それを考えても買ってよかったと思う。
HuaweiNova+XDP-30RをDP-CMX1に置き換えて、1か月位使ってみたけどかなり満足。


満足な点を並べてみるよ

満足点@:音質素晴らしいよ!
 バランス接続万歳!音質すごく変わるよね。
 方向性は少し変わるけど、ラズパイプレイヤーと同等くらいに良くなる気がする。
 DP-CMX1をポータブルで使って、据え置きはラズパイでよいかなー。みたいな。
 XDP-30Rから変更するにあたって、バランス出力は必須だった。
 そもそもDP-CMX1がアウトレット1次放出の時に買えなくてXDP-30R買ったんだけどね…
 まさか、2次放出があるとわ…

満足点A:すぐ音楽聞けるよ!
 XDP-30R買ったときはスマホ+DAPじゃなくて独自OS(Linuxだったかな)だからセキュリティとか気にしなくてよいよねとか思ってたんだけど、カバンから出す、電源入れる、イヤホン刺す、再生するがめんどい。
 起動するたびにまずSDカードスキャンするし、少し待たされるのもなんだかなーと。
 DP-CMX1はスマホなので常に電源ONだからイヤホン刺して音楽アプリ起動するだけでよいのはすごく楽。
 楽だと毎日使いたくなる!

満足点B:CPUがSnapdragon650
 HuaweiNovaはSnapdragon625で一般的なアプリを動かすにはそんなに気にならないんだけど、ゲームアプリを動かすと微妙にラグるんだよね…
 某アプリではクエストを選んだあと、開始押すと妙に時間がかかる…
 Zenfone3でも同じ動きしてたから、たぶんSnapdragon625が悪いと思う…
 iOSとandroid両方リリースされてるアプリで、諸事情によりできればandroidでやりたいなという状況でこの微妙なラグリは結構なストレス。Snapdragon650のDP-CMX1で動かしてみたらすごいスムーズで感動ですよ
 やっぱりスマホのレスポンスは大事だね!

満足点C:DSDS対応
 DocomoのFoma回線と格安Simを使ってる身としてはLTEと3GでDSDSができるのは必須。
 なので、満足というか必須項目だったり

満足点D:XDP-30Rと違ってバランス出力端子の抜き刺し感知ができる
 バランス出力が売りのXDP-30Rさんなのに、3.5mmの普通のイヤホン端子は抜いたら再生止まるのに、バランス端子は抜いても再生止まらない…
 でも、DP-CMX1はちゃんとバランス出力の抜き刺し感知ができて、再生も止まるよ!

満足点E:ストレージが大きい上にSimとmicroSDカードスロットが別々
DSDS機にありがちなSimとmicroSDカードスロットの共有化がされてないので、DSDS運用してもmicroSDカードを使えます。
ストレージが128Gで大容量なのも素晴らしい!

満足点F:Wifiが11ac対応してる
 HuaweiNovaはそもそも5G対応すらしてなかったのでこれは嬉しい!

満足点G:ゲームとかアプリもバランス接続できるよ!
 アマゾンプライムビデオとかもバランス接続で聞けるのはいいね。
 ま、amazon musicとかは標準プレイヤーと比べると音質がやばいけど…


ま、いいところばっかり書いててもアレなので、微妙な点も書きまくるぜ!

微妙点@:高いよネ
 高杉、定価は無理
 この点はじゃんぱらアウトレットが出たので、まぁ、我慢して買った。
 初期価格59800とかだったら最初から検討してたのに…

微妙点A:でかくて重い
 まぁ、スマホ+DAPにバランス出力つけてよくこのサイズにしたよねって思うけど
 やはり、ユーザーってものは欲深いものであり小さければ小さいほど良いのである…
 ギリギリズボンの前ポケットに入り、持ち歩いても気にならないので許容範囲です。
 文字入力は片手でなんとかできるけど、片手操作はムリポ…

微妙点B:素のアンドロイドすぎやしませんかね…
 個人的にですけど、googleアカウントで連絡先使いたくなかったけどアキラメタ。電話帳用のユーザー作ってくれてもよかったのに…
 あと、HuaweiNovaにあった電話のブラックリスト機能がないのよネ…
 ドコモだからキャリアのサービス無料で使えばいいんですけど、これはちょいめんどい。
 あと、そのままだとバッテリーのパーセント表示ができない。パーセントイネーブラー使うとか、システムUI調整ツールを使って表示しないといけない。スマホ詳しい人ならいいけどさ、DAP欲しくてガラケーからスマホにするとか、iPhoneから買い替えるぜ!って人にちょっと冷たすぎると思う。

微妙点C:アクセサリー少なすぎ、高杉
 フィルムはともかくケースが高いでござる。高杉でござる。
 あまりに高いのでケースなし運用を1週間したけど、持ちにくくて結局純正のケブラースリムケース(DPA-KCCMX1)を中古で買ったよ…中古なのに5千円以上したよ…
 高かったけど、このケースつけたらすごい持ちやすいし、つけてても薄くてきにならないしかなり満足した!
 iPhone7はスリムタイプのケース(Spigenのエアースキン)を好んでつけてたんだけど、これってばしばらく使ってるとボタンガードしてるところとかが伸びちゃって定期的に買い替えてたけど、iPhone用で同じような感じのケースがあったので変えてみたよ(アラミド繊維っていうの使ってるらしい)
 なんでケブラーとアラミドって違うのかなと調べてみたら、東レのページにアラミド繊維ケブラーって書いてあるやんけ!
 同じやんけ!
 iPhone用のケースもKonozamaセール価格で4千円台だったから、この繊維自体が高いのなと思ってみたり…
 ずっと使えるならこの値段でも仕方ないかなと思うけど、Huaweiみたいに最初から付いてたら良いのになと。

微妙点D:HOLDの仕様がなんだかなーと
 いや、わからんでもないけどスイッチの動作を設定で変えれるようにならんかったのかと。
 むしろ常にHOLDOffで使ってる…

微妙点E:セキュリティパッチくらいは提供しようぜ!
 OSアプデは工数もかかるししかたないけど、スマホとして売ったならセキュリティパッチは何とかしてほしいところ。
 スマホ部分は富士通が作ったっぽいし、委託終わっちゃってるのかしら…

微妙点F:カメラアプリがもう少し頑張ってほしかった。
 もすこしフォーカス速度はやかったらよかったのに…
 ま、アプリ入れろってことですかねー


これ1台をメインスマホとして考えるとまだまだもう少しかなーって感じだけど、
iPhone+androidかつFoma回線を使いたい自分には願ってもない機種でした。
おかげでイヤホン沼とバランスケーブル沼にはまってマス…

あとは耐久性次第…
某掲示板だとイヤホンジャックが壊れやすいような書き込みあるからなぁ…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


馬鹿耳とハイレゾとMP3の音質。

2015/03/04 23:36
表題の通りです。
円盤とMP3とハイレゾって、区別がつくものなのかしら…
というわけで比べてみようかなと。

今回比べるのはこのお歌
「吹雪」
まぁ、数少ない手持ちのハイレゾ音源の中で、選んだので…
ていうか、最近買ったので…
比べる為に円盤も買ってきました。
さすがに馬鹿耳にもわかるようにということで、円盤から複数ビットレートでエンコード。
円盤(44.1KHz16BIT)からエンコード
@ 64Kbps MP3
A 96Kbps MP3
B128Kbps MP3
C256Kbps MP3
D320Kbps MP3
EFLAC
FWAVE

買ったハイレゾ
48Khz 24Bit
GFLAC

我が家の現在の主力はEGですが、これがCDと比べてわかるかどうか、ですねー
使用OSはlightmpd0.09で、アップサンプリング設定はそのまま使用します。
それと、モバイル用としてruneaudioで確認します。
lightmpdはSTAX、runeaudioはmikina3611さんのHPA+ATH-MSR7を使用

結果ですけど意外と驚くべき結果になったというかなんというか…
@は間違いなくわかります。
これはいただけない音質…
Aもわかりますね。
でも、注意して聞かないとわからないかも。
Bもわかるような気がします。
多分…わかる…
C〜Gはあかんわ、わかんね。
最初から最後まで、何度も、じっくりと聞けばわかるかもしれませんけどねー

このページにMP3の音質について書かれています。
ポルノグラフィティの曲(ヒトリの夜)は違いが判るってありますなー
今はBESTのアルバムしかないからBESTからエンコードして後日比べます。
MP3のこと、こちらにも書いてありますね。

Gに関してですが、わからなかったのが意外というかなんというか…
Bit数が違うので、解像度が変わるはずなんですけどねー。
おそらくですが、音源が良くなかった。と。
良くいえばCDクオリティで十分、悪く言えば容量増やしただけで中身変わってないんじゃね?
ってところ。
画像

調べたところ、やっぱりCDクォリティっぽいですね。いわゆるニセレゾってやつです。

このサイトに良質ハイレゾ音源の一覧が出ています。
エヴァあたり買って試してみようかなーと。

暫定的にまとめれば、音源が同じならMP3の256kbps以上は微々たる差のようです。
馬鹿耳にはその微々たる差さえわからんのですよ。

ハイレゾに関しても音源が同じの場合はそんなに差がでないのではないかと。
今回テストした音源では馬鹿耳にはわかりませんでした。
ただし、ハイレゾ音源用に新しく作られた(録音された?)音源の場合は違いが判るものもあります。
個人的に上げるとすればkalafinaのBESTのハイレゾですが、これは音源が違うと思います。

ハイレゾを買う時は、音源に気を付けろ…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


RaspberryPiとI2SDACで格安ネットワークオーディオプレーヤーを作成する

2015/03/04 22:59
これまでの経験を活かしてこれからRaspberryPiとI2SDACを購入してネットワークオーディオプレイヤーを作成するぜーって人の為に
個人的な参考案を書きたいと思います。

参考案ですので、書いた通りにやってもお前の言うとおりにならなかった!とか言われても責任は持てませんのであしからず。

案1 RaspberryPiとI2SDACとアンプ内蔵スピーカーを買う
 ソフトはVolumioかruneaudioを使用し、サイズの大きいmicroSDカードを買う
 そこそこ良いな音が出れば良い人におすすめ。
 コストパフォーマンスはヤバいです。
 再生可能領域はMicroSDカードの空き容量だけになるので容量に注意(320kMP3ならたくさん入ると思う)
 無線LANアダプターを追加してruneaudioで頑張って設定すればスマホでコントロール可能な持ち運び可能なスピーカーシステムも可能だぜ!(要電源)

 構成案
  RaspberryPi:A+、B+、2
  I2SDAC:ケース付きがおススメ。
   ・【RE】ラズベリーパイ & I2S-DAC(ES9023) MPDキット
   ・【RM】ラズベリーパイ & I2S-DAC(PCM5102A) MPDキット
   のいずれかを買うといいと思います。
  スピーカー:RCA入力付きのアンプ内蔵の物、ProGroup MS-210Jでいいんじゃないかと。
  MicroSD:予算に合わせてなるべく大きいやつ(classは4あれば多分十分)
  その他:必要なら無線LANアダプタ、後ろボリュームが嫌ならボリュームコン(PC-1eとか)を追加する。あと、RCAケーブルがないのでどこかでやっすいケーブルを調達しましょう。(PC-1eを買うなら不要)


案2 RaspberryPiとI2SDACとアンプとスピーカーを買う
 ソフトはVolumioかruneaudioを使用し、サイズの大きいmicroSDカードを買う
 案1との違いはアンプとスピーカーが別ってところだけ。
 KONOZAMAでLP-2020Aが沢山売ってるのでそれを採用する案
 スピーカーとアンプによっては案1より良い音が出るかもしれませぬ。
 これもスピーカーの大きさ次第ですけど持ち運びできるかもしれませんね。

 構成案
  RaspberryPi:A+、B+、2
  I2SDAC:LP-2020A対応ケース付きがおススメ。
   【LE】ラズベリーパイ Lepai LP-2020A I2S-DAC(ES9023)MPDキット
   を買うといいと思います。
  アンプ:LP-2020Aで良さげなのをKONOZAMAで探す。
   (よくわかりませんがLP-2024A+とかがおススメなのかしら…)
  スピーカー:KONOZAMAとかヤフオクとかハードオフとかを駆使して頑張れ!
  MicroSD:予算に合わせてなるべく大きいやつ(classは4あれば多分十分)
  その他:必要なら無線LANアダプタ、RCAケーブルがなければどこかでやっすいケーブルを調達しましょう。


とりあえずーって人はこれでいいんじゃないかなーと。
家にNASがある人はlightMPDも良いと思います。
それと、これらの構成ではおそらくスピーカーとかアンプとかがボトルネックになると思われますので、アナログ入力で高音質なアンプ(ヘッドホンアンプ含む)と良いスピーカーなりヘッドホンを買うと更に沼に入れるとと思います。
ヘッドホンに行くなら個人的にはSTAXがおススメですよ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


格安ネットワークプレイヤーRaspberryPi2+I2SDACで格安のスピーカーを吟味する

2015/03/04 22:49
RaspberryPi+I2SDACで色々してきましたが、ヘッドフォンじゃなくてスピーカーで鳴らしたい時もあるよね。
STAXのヘッドフォンアンプはスルーアウト端子(RCA)付なので、そこにスピーカーを繋げば良い訳で。

色々吟味した結果、ミュージックハウス フレンズというところで売っているProGroup MS-210Jというのにしてみました。
・店舗ホームページでやたらめったら評価が良い(危険フラグ)
・代引きですら消費税込で6,179円という…(危険フラグ2)
・スイッチとかボリュームとかbass treble 調整ボリュームとか全部裏面(危険フラグ3)
・RCA入力のみ!しかも1入力のみ!(危険フラグ4、漢らしいw)
店の対応は速攻レベルで早く、指定日時にばっちり届きました。

繫いで聞いてみた感想ですが
まぁ、悪くはないんでないかなーと。
値段も違いますしSTAXと比べたらかわいそう。
Wikipediaに「スピーカでこの音を出すには金額が2桁余分にかかる」とか書かれてるし。
まぁ、そんなSTAXだって超高級スピーカーと比べたらかわいそうになるに違いない(適当)

今まで使ってた5.1chのシステムをスピーカーだけD-102EXにすげ替えたものよりは良い音で鳴ってると思われます。(元はPCからHDMI出力なので、スピーカー単体だけの比較ではないですけど。)D-102EXが悪いとは思いませんが、これ、ちょっと大きかったのよね…

D-102EXはヤフオクに捨て値で流すか、Lepai LP-2020A+とか買って組み合わせで流すか悩むところ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ネットワーク分離したRaspberry Pi2+I2SDAC+lightMPDに業務用のHUBを使用

2015/02/28 10:01
もうここまで来るとオカルトの域になりかけてる気がするぜw

デジファイのおとさんの掲示板に
NETGEAR GS105E-200JPS
という商品が話題に出てました。
業務用ギガビットLANハブの癖に4000円しないぜ!
ノイズ対策に良いのではないかって話。
VLAN機能がついているらしく、5ポート全てを使って
1:家庭内LANと接続
2:ネットワーク分離用ルーターのWANへ
3:音楽用NASと接続
4:ネットワーク分離用ルーターのLANへ
5:Raspberry Pi2へ
と刺して、1〜3と4,5をネットワークを分離することでなんだか良い感じにノイズ対策できそうです。
掲示板には良い電源に替えたほうが良い的なことも書かれてましたが、まぁ、お金ないので見なかったことにしました。

それと、こいつらを繋ぐLANケーブルですが、PCオーディオ実験室さんにカテゴリー7のケーブルが良いぜーって書いてあったので
KB-T7ME-02BKWを1本
KB-T7ME-005BKRを4本買ってつなぎました。
このケーブル、昔実家にあったコタツの電源ケーブルみたいだ…

ちなみに、VLAN設定をしたんですがなんかうまくいかなかったので
ファームアップをして、タグVLAN IEEE802.1Qの基本設定で分けたらうまくいきました。

効果に関しては良くわかりませんでしたが、まぁ、きっと良いということにしておきましょう


これで一応の完成な感じですかねー
上を見ればきりはないですが、これ以上しても沼すぎますので家内ヘッドフォン視聴用環境はこんなもんにしておこうかと思います。

使用した機材とかソフトとかのスペック
HPA:Airbow SRM-253
HP:STAX SR-307
PC:Raspberry Pi 2 Model B
MicroSD:余ってた2G
DAC:I2SDAC[5102A]
ACアダプタ:DOCOMO ACアダプタ 04
OS+soft:lightMPD0.09[Raspberry Pi2用]
NAS:Synology DiskStation DS115jに余ってた3.5インチ1GHDDを搭載
ネットワーク分離用ルーター:余ってたBuffaloの無線ルーター
ネットワークHUB:NETGEAR GS105E-200JPS
LANケーブル:KB-T7ME-02BKWKB-T7ME-005BKR

何から始めようかなーって思った人は
とりあえずNASとRaspberry PiとI2SDACさえあれば良い感じで鳴らしてくれるはず。
出来ればRaspberry Pi2が良いと思います。
Volumioは正規バージョンが出てるっっぽいし、runeaudioは海外で誰かが改造した対応バージョンが出てるみたいです。
lightMPDは当然、公式で対応版出てますし。
それと、I2SDACは必須かと思います。
これがないなら他のシングルボードPCで良いんでないかと。
I2SDAC欲しいけどはんだ付け出来ないぜーって人(自分もですが)は以下の物を買うと良いと思います。
LINUXCOM ネットショップのRBD-02+
ヤフオクにアクリル2枚ケース付きの物が出品されています
どちらもおすすめです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Raspberry Pi 2とI2SDACを購入し、lightMpd0.09をためす。

2015/02/28 09:51
結局4号機も作ったし。(Raspberry Pi 2 Model B + PCM5102A)

デジファイのおとさんの掲示板でリサンプリング設定でお世話になってる時に
Raspberry Pi 2 Model B版のlightMpd0.09が出たので
Raspberry Pi 2 Model BとPCM5102A使用のI2SDACを購入。
I2SDACはケース(アクリルケース2枚だけど)付きで3500円しません。
二つ合わせても1万切りますな…
他に必要なのはmicroSDカード(家に落ちてた2Gのを使いました)と電源くらいでしょうか…

正直、Raspberry Pi Model BとRBD-02でRaspberry Pi版のlightMpd0.08を鳴らすのと大差ないだろうなーなんて思ってましたけど、
聞いてみたら全然違うのね。
設定の違いなんてリサンプリング設定がaudio_output_format:"X2L2:24:2"と"X4L4:24:2"くらいしかないと思うんだけど…
CPUパワーのせい?
I2SDACのせい?
あとは説明文にあった並列処理の違いなのかしら…

とにかく、かなり違います。
音の分離がさらに良くなりました。
変更前まで聞こえなかった音が聞こえる。
HPA+HPはSRM-253とSR-307で変わってないんだから間違いなくRaspberry Pi 2 Model B+lightMpd0.09の音で変わったんだろうなー
DA-300USBもアップサンプリング機能がついてますけど(っていうか常にONっぽい?)初めて聞いたとき、特に感動はしませんでした。

この価格でこれだけの音が出せるのは感動です。
これは、SRM-252AとSRM-253の違いもわかりやすいかも!?
SR-2020Aはもうドナドナしようとしまってしまったのだけれども、一度出して聞き比べてみようかな…



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


raspberry pi+I2SDAC+lightMPDをネットワーク分離する

2015/02/28 09:46
NASを導入し、lightMPDの音出しに成功したのですが、なーんか聞き疲れがする感じ。
もう少しなんとかならんかなーと思い情報収集した結果、
・アップサンプリング設定を行うこと。
・ネットワークプレーヤ用ネットワークを確立すること。
この二つを試してみることにしました。

今回の記事ではネットワークプレーヤ用ネットワークを確立のことを書きます。

デジファイのおとさんのdigifi laboにのっていますが、
個人的ないい加減な認識ですと、(間違ってるかもしれません)
@ネットワーク内にもう一台ルーターを配置し、その配下にraspberry pi+I2SDACを配置
A新しく配置したルーターにIP FORWARD機能を設定し、配下のraspberry pi+I2SDACにはlightMPDで使用するPortの通信だけを行う
これにより、raspberry pi+I2SDACに不要な通信が行かなくなるという事みたいです。
家庭内LANにテレビとかレコーダーとかゲーム機とかプリンターとか繫げてれば家庭内LAN全体に通信することが多いと思いますので、これは効果ありそうな…

配置に関しては人それぞれだと思いますので割愛します。
我が家では余ってたBuffaloの無線ルーターがありましたので、これを初期化して無線機能をはじめとする不要な機能は全てオフにして使いました。
音質は良くなりましたが、リサンプリング設定も同時に行った為にこれの設定でどのくらい変わるかは未知数ですね。

高音質設定
ネットワークプレーヤ用ネットワークを確立:効果あり(リサンプリング設定と同時にやった為、これだけで効果あるかはわかりません)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


raspberry pi+I2SDAC+lightMPDの高音質設定を試す

2015/02/28 09:44
NASを導入し、lightMPDの音出しに成功したのですが、なーんか聞き疲れがする感じ。
もう少しなんとかならんかなーと思い情報収集した結果、
・アップサンプリング設定を行うこと。
・ネットワークプレーヤ用ネットワークを確立すること。
この二つを試してみることにしました。

今回の記事ではアップサンプリング設定のことを書きます。
弄ったのは以下の2点です。
audio_output_format
・"X2L2:24:2"に変更
(96.0Kを上限に倍にする。24bit2チャンネル)

samplerate_converte
・"Fastest Sinc Interpolator":Flac44.1K、48.0K共に問題なし。
・"Medium Sinc Interpolator":Flacの再生は44.1Kは音が飛んだりせず大丈夫でしが、、48.0Kになると間に合わないようで再生の途中から音が飛んでしまう
・"Best Sinc Interpolator":動かないっぽい
Foobar2000でいうSoX Resamplerも搭載されてるっぽく、samplerate_converteには以下の設定も使えるようです
・"soxr very high":Flac44.1K、48.0K共に問題なし。
・"soxr":very highが使えたので設定してません
・"soxr medium":very highが使えたので設定してません
・"soxr low":very highが使えたので設定してません

上記設定に変更したところ、聴き疲れもなく、良い感じで鳴ってくれます。

高音質設定
リサンプリング設定:効果あり(ネットワークプレーヤ用ネットワークを確立と同時にやった為、これだけで効果あるかはわかりません)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


raspberry pi+I2SDACでlightMPDを試す。

2015/02/28 09:43
シングルボードコンピュータでlinuxを走らせて音楽を聞こうという情報を知り、初めてやろうかなーと思えるソフトだったのがデジファイのおとさんで配布されているlightMPDでした。
ightMPDは気にはなっていてBBBを買いかけたんですけど、Volumioやruneaudioと比べると導入の敷居が高かったですし、BBBにはUSBDACしか対応してないっぽい感じだったのでraspberry pi+I2SDACに落ち着いた感じでした。
raspberry piの情報を色々調べていると、raspberry pi用のlightMPDを作成中との情報があり、非常に楽しみにしていました。
そして、きたる、2月10日、とうとうraspberry pi用のlightMPDが公開されました。
もうこれは試すしかないよね!
てな感じで試してみたんですけどNASの認識がされません。
我が家のNASはBuffaloなんですが、どうもそれがあかんっぽいです…
デジファイのおとさんではQNAPを使用しているようですし、PCオーディオ実験室さんではSynologyを使用してるみたい。
BuffaloはNFSが使用できないし、NFS接続だと音質が良いらしいし、家に転がってる1TのHDDが使えるし、Synologyの一番安いNASを買うことにしました。
購入したのはこちら「Synology DiskStation DS115j

NASを変えてみたらすんなりつながりました。
なんてこと…
やはりBuffaloはあかんのか…
(後日たかじんさんのページのコメントにて接続オプションを明示しないとダメだったことが判明しています)
DS115j君には音楽アクセス専用NASとしてこれから頑張ってもらうことにします。
データバックアップのNASと音楽アクセスのNASは違う方が良いと思いますし。

ちなみに導入当初はNFS接続ができませんでしたが設定を見直した結果、NFS接続ができるようになりました。
注意点としては
・CifsとNFSはマウント文字列が違う。
・NFSの許可アドレスを指定しているとなんかうまくいかない。

そして肝心の音質ですが
音質は良いとは思うんですけど聞き疲れする感じです。(高音に問題あり?)
うーん…期待していたが…これは…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
raspberry pi+I2SDAC+runeaudioでポータブルオーディオのノイズ対策を考える
raspberry pi+I2SDAC+runeaudioでポータブルオーディオのノイズ対策を考える WLI-UC-GNM2ですが、小さいのはいいんですけどポータブルオーディオがノイズを拾ってしまって気になるので対策を考えることにしました。 無難そうなのがUSB延長ケーブル+フェライトコア でも、この二つを買うと1000円コースでしたのでフェライト素子を使ったというUSB延長ケーブルBSUAAHFC210BKを買いました。 んで、使ってみた結果ですけど… だめというか、大丈夫というか…なんとも微妙なところ。 どうもUSB無線アダプタがノイズを発生させてるのは間違いないんですけど、USB... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/28 09:39
raspberry pi+I2SDAC+runeaudioでポータブルオーディオ化に成功
runeaudioをモバイルアクセスポイント機能を追加し、iPhoneからアクセスポイントに参加、アクセスしてコントロールしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/28 09:29
raspberry pi+I2SDAC+volumioでポータブルオーディオ化できないかチャレンジ
raspberry pi+I2SDACでネットワークプレイヤーを作って思ったのが ポータブルオーディオ化したいな。ということ。 問題となりそうなのは4点ですが、そのうちの3点はクリア済み 電源:raspberry pi自体はmicroUSBからの電源供給なのでモバイルバッテリーがあれば問題ない。 音量調整:ポータブルヘッドホンアンプを使用すれば問題ない。 ストレージ:volumioはSDカードの余った部分を設定すれば使えるようになるので問題ない。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/27 12:50
volumioを導入
Raspberry PiとI2SDACを最初に買って導入したのはvolumioでした。 たかじんさんのページに詳細な導入手順がありましたので、音が出るまでほとんど困ることはありませんでした。 音ですが、Raspberry Pi+I2SDACのほうがRaspberry Pi+DA-300USBより良い音がしました。 まぁ、この「良い」の判断が個人的主観ですので判断が難しいところ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/27 12:36
ネットワークオーディオ沼
最近はまってるネットワークオーディオですがこんな感じで沼ってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/27 12:30

トップへ | みんなの「音楽」ブログ

WMCOPY 音楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる