アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「Raspberry Pi」のブログ記事

みんなの「Raspberry Pi」ブログ


RaspberryPiとI2SDACで格安ネットワークオーディオプレーヤーを作成する

2015/03/04 22:59
これまでの経験を活かしてこれからRaspberryPiとI2SDACを購入してネットワークオーディオプレイヤーを作成するぜーって人の為に
個人的な参考案を書きたいと思います。

参考案ですので、書いた通りにやってもお前の言うとおりにならなかった!とか言われても責任は持てませんのであしからず。

案1 RaspberryPiとI2SDACとアンプ内蔵スピーカーを買う
 ソフトはVolumioかruneaudioを使用し、サイズの大きいmicroSDカードを買う
 そこそこ良いな音が出れば良い人におすすめ。
 コストパフォーマンスはヤバいです。
 再生可能領域はMicroSDカードの空き容量だけになるので容量に注意(320kMP3ならたくさん入ると思う)
 無線LANアダプターを追加してruneaudioで頑張って設定すればスマホでコントロール可能な持ち運び可能なスピーカーシステムも可能だぜ!(要電源)

 構成案
  RaspberryPi:A+、B+、2
  I2SDAC:ケース付きがおススメ。
   ・【RE】ラズベリーパイ & I2S-DAC(ES9023) MPDキット
   ・【RM】ラズベリーパイ & I2S-DAC(PCM5102A) MPDキット
   のいずれかを買うといいと思います。
  スピーカー:RCA入力付きのアンプ内蔵の物、ProGroup MS-210Jでいいんじゃないかと。
  MicroSD:予算に合わせてなるべく大きいやつ(classは4あれば多分十分)
  その他:必要なら無線LANアダプタ、後ろボリュームが嫌ならボリュームコン(PC-1eとか)を追加する。あと、RCAケーブルがないのでどこかでやっすいケーブルを調達しましょう。(PC-1eを買うなら不要)


案2 RaspberryPiとI2SDACとアンプとスピーカーを買う
 ソフトはVolumioかruneaudioを使用し、サイズの大きいmicroSDカードを買う
 案1との違いはアンプとスピーカーが別ってところだけ。
 KONOZAMAでLP-2020Aが沢山売ってるのでそれを採用する案
 スピーカーとアンプによっては案1より良い音が出るかもしれませぬ。
 これもスピーカーの大きさ次第ですけど持ち運びできるかもしれませんね。

 構成案
  RaspberryPi:A+、B+、2
  I2SDAC:LP-2020A対応ケース付きがおススメ。
   【LE】ラズベリーパイ Lepai LP-2020A I2S-DAC(ES9023)MPDキット
   を買うといいと思います。
  アンプ:LP-2020Aで良さげなのをKONOZAMAで探す。
   (よくわかりませんがLP-2024A+とかがおススメなのかしら…)
  スピーカー:KONOZAMAとかヤフオクとかハードオフとかを駆使して頑張れ!
  MicroSD:予算に合わせてなるべく大きいやつ(classは4あれば多分十分)
  その他:必要なら無線LANアダプタ、RCAケーブルがなければどこかでやっすいケーブルを調達しましょう。


とりあえずーって人はこれでいいんじゃないかなーと。
家にNASがある人はlightMPDも良いと思います。
それと、これらの構成ではおそらくスピーカーとかアンプとかがボトルネックになると思われますので、アナログ入力で高音質なアンプ(ヘッドホンアンプ含む)と良いスピーカーなりヘッドホンを買うと更に沼に入れるとと思います。
ヘッドホンに行くなら個人的にはSTAXがおススメですよ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


格安ネットワークプレイヤーRaspberryPi2+I2SDACで格安のスピーカーを吟味する

2015/03/04 22:49
RaspberryPi+I2SDACで色々してきましたが、ヘッドフォンじゃなくてスピーカーで鳴らしたい時もあるよね。
STAXのヘッドフォンアンプはスルーアウト端子(RCA)付なので、そこにスピーカーを繋げば良い訳で。

色々吟味した結果、ミュージックハウス フレンズというところで売っているProGroup MS-210Jというのにしてみました。
・店舗ホームページでやたらめったら評価が良い(危険フラグ)
・代引きですら消費税込で6,179円という…(危険フラグ2)
・スイッチとかボリュームとかbass treble 調整ボリュームとか全部裏面(危険フラグ3)
・RCA入力のみ!しかも1入力のみ!(危険フラグ4、漢らしいw)
店の対応は速攻レベルで早く、指定日時にばっちり届きました。

繫いで聞いてみた感想ですが
まぁ、悪くはないんでないかなーと。
値段も違いますしSTAXと比べたらかわいそう。
Wikipediaに「スピーカでこの音を出すには金額が2桁余分にかかる」とか書かれてるし。
まぁ、そんなSTAXだって超高級スピーカーと比べたらかわいそうになるに違いない(適当)

今まで使ってた5.1chのシステムをスピーカーだけD-102EXにすげ替えたものよりは良い音で鳴ってると思われます。(元はPCからHDMI出力なので、スピーカー単体だけの比較ではないですけど。)D-102EXが悪いとは思いませんが、これ、ちょっと大きかったのよね…

D-102EXはヤフオクに捨て値で流すか、Lepai LP-2020A+とか買って組み合わせで流すか悩むところ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


RaspberryPiとI2SDACとPHPAのモバイルミュージックプレイヤーでヘッドホンを吟味する

2015/03/04 22:47
ヨドバシでいくつか視聴してきました。
重量級のシステムで容赦なく視聴。

以下のヘッドホンを視聴してみました。
DENON AH-MM400
 良いです。が、いいお値段がします。

AKG K712PRO
 良いです。が、開放型ですのでモバイル用途には不向き

Bowers & Wilkins P7 Mobile Hi-Fi HeadPhones
 良いです。が、いいお値段がします。

SENNHEISER HD700
 良いです。が、開放型の上、HD650あるしなー。

SENNHEISER MOMENTUM
 イマイチ、なんか音がこもって聞こえる。

SONY MDR-1A
 イマイチ、持ってるMDR-1RMK2よりは良いけどなんか音がこもって聞こえる。

オーディオテクニカ ATH-MSR7
 すごく良いです。密閉型なのに開放型みたいな音がしますよ。そしてそこそこリーズナブル!

ATH-MSR7の音はすごくお気に召したので、中古で安くないかなーってネットで探したんですけど、
赤(LTD)しか中古無くて、某なんたらドッドコムの他の色の最安より高いし。
結局、某なんたらドットコムに掲載されてるお店で購入しましたとさ。
ちなみに、オーテクヘッドホンは初めて。

お買い上げして、帰りながら聞いてましたが視聴時には気が付かなかった点はありますね。
・側圧がー、ソクアツガー
 視聴時は気が付かなかった、そのうち慣れるのかしら…
 直らなければティッシュ箱矯正の予感
 →三日目くらいで慣れましたw
・頭頂部がー、トウチョウブガー
 バンドの調整を最大にしてギリギリ。
それでも、ATH-MSR7の音はかなりお気に召しました。 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ネットワーク分離したRaspberry Pi2+I2SDAC+lightMPDに業務用のHUBを使用

2015/02/28 10:01
もうここまで来るとオカルトの域になりかけてる気がするぜw

デジファイのおとさんの掲示板に
NETGEAR GS105E-200JPS
という商品が話題に出てました。
業務用ギガビットLANハブの癖に4000円しないぜ!
ノイズ対策に良いのではないかって話。
VLAN機能がついているらしく、5ポート全てを使って
1:家庭内LANと接続
2:ネットワーク分離用ルーターのWANへ
3:音楽用NASと接続
4:ネットワーク分離用ルーターのLANへ
5:Raspberry Pi2へ
と刺して、1〜3と4,5をネットワークを分離することでなんだか良い感じにノイズ対策できそうです。
掲示板には良い電源に替えたほうが良い的なことも書かれてましたが、まぁ、お金ないので見なかったことにしました。

それと、こいつらを繋ぐLANケーブルですが、PCオーディオ実験室さんにカテゴリー7のケーブルが良いぜーって書いてあったので
KB-T7ME-02BKWを1本
KB-T7ME-005BKRを4本買ってつなぎました。
このケーブル、昔実家にあったコタツの電源ケーブルみたいだ…

ちなみに、VLAN設定をしたんですがなんかうまくいかなかったので
ファームアップをして、タグVLAN IEEE802.1Qの基本設定で分けたらうまくいきました。

効果に関しては良くわかりませんでしたが、まぁ、きっと良いということにしておきましょう


これで一応の完成な感じですかねー
上を見ればきりはないですが、これ以上しても沼すぎますので家内ヘッドフォン視聴用環境はこんなもんにしておこうかと思います。

使用した機材とかソフトとかのスペック
HPA:Airbow SRM-253
HP:STAX SR-307
PC:Raspberry Pi 2 Model B
MicroSD:余ってた2G
DAC:I2SDAC[5102A]
ACアダプタ:DOCOMO ACアダプタ 04
OS+soft:lightMPD0.09[Raspberry Pi2用]
NAS:Synology DiskStation DS115jに余ってた3.5インチ1GHDDを搭載
ネットワーク分離用ルーター:余ってたBuffaloの無線ルーター
ネットワークHUB:NETGEAR GS105E-200JPS
LANケーブル:KB-T7ME-02BKWKB-T7ME-005BKR

何から始めようかなーって思った人は
とりあえずNASとRaspberry PiとI2SDACさえあれば良い感じで鳴らしてくれるはず。
出来ればRaspberry Pi2が良いと思います。
Volumioは正規バージョンが出てるっっぽいし、runeaudioは海外で誰かが改造した対応バージョンが出てるみたいです。
lightMPDは当然、公式で対応版出てますし。
それと、I2SDACは必須かと思います。
これがないなら他のシングルボードPCで良いんでないかと。
I2SDAC欲しいけどはんだ付け出来ないぜーって人(自分もですが)は以下の物を買うと良いと思います。
LINUXCOM ネットショップのRBD-02+
ヤフオクにアクリル2枚ケース付きの物が出品されています
どちらもおすすめです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Raspberry Pi 2とI2SDACを購入し、lightMpd0.09をためす。

2015/02/28 09:51
結局4号機も作ったし。(Raspberry Pi 2 Model B + PCM5102A)

デジファイのおとさんの掲示板でリサンプリング設定でお世話になってる時に
Raspberry Pi 2 Model B版のlightMpd0.09が出たので
Raspberry Pi 2 Model BとPCM5102A使用のI2SDACを購入。
I2SDACはケース(アクリルケース2枚だけど)付きで3500円しません。
二つ合わせても1万切りますな…
他に必要なのはmicroSDカード(家に落ちてた2Gのを使いました)と電源くらいでしょうか…

正直、Raspberry Pi Model BとRBD-02でRaspberry Pi版のlightMpd0.08を鳴らすのと大差ないだろうなーなんて思ってましたけど、
聞いてみたら全然違うのね。
設定の違いなんてリサンプリング設定がaudio_output_format:"X2L2:24:2"と"X4L4:24:2"くらいしかないと思うんだけど…
CPUパワーのせい?
I2SDACのせい?
あとは説明文にあった並列処理の違いなのかしら…

とにかく、かなり違います。
音の分離がさらに良くなりました。
変更前まで聞こえなかった音が聞こえる。
HPA+HPはSRM-253とSR-307で変わってないんだから間違いなくRaspberry Pi 2 Model B+lightMpd0.09の音で変わったんだろうなー
DA-300USBもアップサンプリング機能がついてますけど(っていうか常にONっぽい?)初めて聞いたとき、特に感動はしませんでした。

この価格でこれだけの音が出せるのは感動です。
これは、SRM-252AとSRM-253の違いもわかりやすいかも!?
SR-2020Aはもうドナドナしようとしまってしまったのだけれども、一度出して聞き比べてみようかな…



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


raspberry pi+I2SDAC+lightMPDをネットワーク分離する

2015/02/28 09:46
NASを導入し、lightMPDの音出しに成功したのですが、なーんか聞き疲れがする感じ。
もう少しなんとかならんかなーと思い情報収集した結果、
・アップサンプリング設定を行うこと。
・ネットワークプレーヤ用ネットワークを確立すること。
この二つを試してみることにしました。

今回の記事ではネットワークプレーヤ用ネットワークを確立のことを書きます。

デジファイのおとさんのdigifi laboにのっていますが、
個人的ないい加減な認識ですと、(間違ってるかもしれません)
@ネットワーク内にもう一台ルーターを配置し、その配下にraspberry pi+I2SDACを配置
A新しく配置したルーターにIP FORWARD機能を設定し、配下のraspberry pi+I2SDACにはlightMPDで使用するPortの通信だけを行う
これにより、raspberry pi+I2SDACに不要な通信が行かなくなるという事みたいです。
家庭内LANにテレビとかレコーダーとかゲーム機とかプリンターとか繫げてれば家庭内LAN全体に通信することが多いと思いますので、これは効果ありそうな…

配置に関しては人それぞれだと思いますので割愛します。
我が家では余ってたBuffaloの無線ルーターがありましたので、これを初期化して無線機能をはじめとする不要な機能は全てオフにして使いました。
音質は良くなりましたが、リサンプリング設定も同時に行った為にこれの設定でどのくらい変わるかは未知数ですね。

高音質設定
ネットワークプレーヤ用ネットワークを確立:効果あり(リサンプリング設定と同時にやった為、これだけで効果あるかはわかりません)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


raspberry pi+I2SDAC+lightMPDの高音質設定を試す

2015/02/28 09:44
NASを導入し、lightMPDの音出しに成功したのですが、なーんか聞き疲れがする感じ。
もう少しなんとかならんかなーと思い情報収集した結果、
・アップサンプリング設定を行うこと。
・ネットワークプレーヤ用ネットワークを確立すること。
この二つを試してみることにしました。

今回の記事ではアップサンプリング設定のことを書きます。
弄ったのは以下の2点です。
audio_output_format
・"X2L2:24:2"に変更
(96.0Kを上限に倍にする。24bit2チャンネル)

samplerate_converte
・"Fastest Sinc Interpolator":Flac44.1K、48.0K共に問題なし。
・"Medium Sinc Interpolator":Flacの再生は44.1Kは音が飛んだりせず大丈夫でしが、、48.0Kになると間に合わないようで再生の途中から音が飛んでしまう
・"Best Sinc Interpolator":動かないっぽい
Foobar2000でいうSoX Resamplerも搭載されてるっぽく、samplerate_converteには以下の設定も使えるようです
・"soxr very high":Flac44.1K、48.0K共に問題なし。
・"soxr":very highが使えたので設定してません
・"soxr medium":very highが使えたので設定してません
・"soxr low":very highが使えたので設定してません

上記設定に変更したところ、聴き疲れもなく、良い感じで鳴ってくれます。

高音質設定
リサンプリング設定:効果あり(ネットワークプレーヤ用ネットワークを確立と同時にやった為、これだけで効果あるかはわかりません)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


raspberry pi+I2SDACでlightMPDを試す。

2015/02/28 09:43
シングルボードコンピュータでlinuxを走らせて音楽を聞こうという情報を知り、初めてやろうかなーと思えるソフトだったのがデジファイのおとさんで配布されているlightMPDでした。
ightMPDは気にはなっていてBBBを買いかけたんですけど、Volumioやruneaudioと比べると導入の敷居が高かったですし、BBBにはUSBDACしか対応してないっぽい感じだったのでraspberry pi+I2SDACに落ち着いた感じでした。
raspberry piの情報を色々調べていると、raspberry pi用のlightMPDを作成中との情報があり、非常に楽しみにしていました。
そして、きたる、2月10日、とうとうraspberry pi用のlightMPDが公開されました。
もうこれは試すしかないよね!
てな感じで試してみたんですけどNASの認識がされません。
我が家のNASはBuffaloなんですが、どうもそれがあかんっぽいです…
デジファイのおとさんではQNAPを使用しているようですし、PCオーディオ実験室さんではSynologyを使用してるみたい。
BuffaloはNFSが使用できないし、NFS接続だと音質が良いらしいし、家に転がってる1TのHDDが使えるし、Synologyの一番安いNASを買うことにしました。
購入したのはこちら「Synology DiskStation DS115j

NASを変えてみたらすんなりつながりました。
なんてこと…
やはりBuffaloはあかんのか…
(後日たかじんさんのページのコメントにて接続オプションを明示しないとダメだったことが判明しています)
DS115j君には音楽アクセス専用NASとしてこれから頑張ってもらうことにします。
データバックアップのNASと音楽アクセスのNASは違う方が良いと思いますし。

ちなみに導入当初はNFS接続ができませんでしたが設定を見直した結果、NFS接続ができるようになりました。
注意点としては
・CifsとNFSはマウント文字列が違う。
・NFSの許可アドレスを指定しているとなんかうまくいかない。

そして肝心の音質ですが
音質は良いとは思うんですけど聞き疲れする感じです。(高音に問題あり?)
うーん…期待していたが…これは…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


raspberry pi+I2SDAC+runeaudioでポータブルオーディオのノイズ対策を考える

2015/02/28 09:39
WLI-UC-GNM2ですが、小さいのはいいんですけどポータブルオーディオがノイズを拾ってしまって気になるので対策を考えることにしました。
無難そうなのがUSB延長ケーブル+フェライトコア
でも、この二つを買うと1000円コースでしたのでフェライト素子を使ったというUSB延長ケーブルBSUAAHFC210BKを買いました。
んで、使ってみた結果ですけど…
だめというか、大丈夫というか…なんとも微妙なところ。
どうもUSB無線アダプタがノイズを発生させてるのは間違いないんですけど、USB経由のノイズではないっぽくて、USB無線アダプタ自体が発生させてる無線の信号かなんかをraspberry piかI2SDACかPHPAが拾ってるっぽいです。なので、フェライト素子はまったく意味をなしません。
解決策としてはUSB無線LANアダプタを出来る限りpberry pi+I2SDAC+PHPAから遠ざけること。
これで解決しました。
ノイズは聞こえなくなりましたが、もうポータブル機ではい感じになってしまったわ…
WLI-UC-GNM2と同じチップを使いつつノイズが発生しないUSB無線アダプタを探せば万事解決なんですけど、それはそれでめんど…くさい…
ていうか、ノイズ発生しない無線LANチップとかなさそうな雰囲気…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ポータブル用途のポータブルヘッドフォンアンプを新調する。

2015/02/28 09:36
低価格でraspberry pi+I2SDACの素敵再生環境を整えたので、
低価格尚且つ高音質なPHPA(ポータブルヘッドフォンアンプ)を探すことにしました。
最近流行のUSBDAC機能は不要なのです。
そんなの付けるくらいならアンプの音質を上げて欲しい訳で…
手元にあるのはXM5だけで他の子は里子に出しちゃってないんですよね…
そのXM5すら内蔵バッテリー(9V充電電池)が死んでしまって電池替えるたびに全分解しないといけない…
XM5は専用の六角レンチじゃないと分解できなくて…めんどくさい…
引っ越しの際にSTEPDANCEがどこかに行ってしまって家探ししてもないとか…

まぁ、そんなわけで新しい子を探すことに。
条件はこんな感じ。
・予算15000
・アナログアンプ機能のみ(USBDAC機能はいらない)
・電池交換が楽にできるか、充電式バッテリー内蔵
・なるべく高音質
・可能ならRCA入力、最低でもステレオミニジャック

こんなのあるわけねーわなーって自分でも思います。
と言いたいところなんですけど、何気に見つかってしまいましたよ。
出元はヤフオク(出品者様の出品リストに飛びます)です。
なんと、一万円以下で落札。
出品者様の方で手作りしてるみたいです。
手作りですので、メーカー物にありがちな色々な手数料がないのでメーカー品とかよりいい音が出そうです。
2台分のアンプ回路内蔵らしいですよ。
それを1台ずつ左右に分けていて、独立して動作するとのこと。
それと、このアンプはオペアンプが交換可能なのです。
まぁ、左右独立なのでオペアンプも二つ必要なのですが…
落札後に送っていただいたマニュアルによればMUSES02というオペアンプがおすすめとのこと。
マニュアルに高いって書いてありましたがオペアンプってそんなにしないだろーと調べてみて仰天。
3400円だとぅ!?
なんだこれ…
マニュアルにおすすめってあるし、買っても予算オーバーしないし、気になって仕方ないので秋葉原の秋月で買いました。
まぁ、オペアンプ交換なんてほとんどしたことないですから、やっちゃいましたよ。
そのまま刺さるんだよねー的な感じでさくっと刺してみたら足まがったわw
なんとか直して刺し直し。折れなくて良かった…
2つ目はあらかじめ足を曲げてから刺したので何事もなく刺さりました。

そして肝心の音質ですけど(ゼンハイザーHD650使用)
オペアンプ交換前:あー、普通のPHPAだね。市販品と比べても遜色ない、安くていい買い物だったわー
オペアンプ交換後:なんだと… これ、市販品のPHPAから出る音を凌駕してるぞ?家用のSTAXで聞くのと遜色ない感じがするぞ。
ていうくらい変わりました。
音の分離というか解像度がすごく良くなった気がします。
ただし、どうもヘッドホンを選り好みする性質があるみたいで
10点満点とすると(個人の感想ですけど)
ゼンハイザーHD25-1 II:8
ゼンハイザーHD650:10
Etymotic Research ER4P:8
Ultimate Ears Triple.fi 10 PRO(須山リモールド):9
須山補聴器 FitEar Private 333:9
オルトフォン O-one:4
SONY MDR-1RMK2:1
みたいな感じになりました。
SO-02G直刺しだとどれもそんなに変わらない感じなんですけどね…
raspberry pi+I2SDACにこのPHPAだと、どうしてこんなにヘッドフォンで変わるのか…
ヘッドフォンでものすごい変わります。ヘッドフォンどれもそんなに変わらねーとか思っててごめん。
家用はSTAXあるから売ってしまおうか迷ってたHD650、マジごめん。
これは視聴機いっぱいある店にいって視聴しまくりたい!

ちなみに、上流も選り好みします。
iPod nano (第 6 世代)のDOCKコネクタOUTでは全然性能出せませんでした。
SONY A846もゲイン不足でHD650は全然ならせません。
ゲイン不足に関しては落札時に高ゲイン、低ゲイン選べますので自分の選択ミスなんですけどね。
上流に関してもraspberry pi+I2SDACの音質が良いってことがこれで判明ですね。

少し問題なのが無線LANの発振ノイズを拾うっぽくて
無音時(曲間)に一定間隔のノイズが流れます。
有線LAN接続だとならないので、まぁ、ほぼUSB無線LANが犯人と思われます。
PHPAをXM5にするとノイズを拾わないので、ある意味このPHPAの精度の高さがわかるってもんですけどね。
これは対策を考える必要があります。

なんていうか、今までのイヤホンやヘッドフォンに対する考えが根底から覆ったですよ。
一定以上のイヤホン、ヘッドフォンになると多少の違いはあるけど好きなの選んだら良いんでない?って思ってた。
でも、raspberry pi+I2SDACにこのPHPAだと違う。
買ったけど値段の価値があるのかわかんねーなーとか思って売ってしまったULTRASONE edition8 RutheniumやDENON AH-D7000にごめんなさいしたい。
まぁ、もうお金ないから買い戻せないけど…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
raspberry pi+I2SDAC+runeaudioでポータブルオーディオ化に成功
runeaudioをモバイルアクセスポイント機能を追加し、iPhoneからアクセスポイントに参加、アクセスしてコントロールしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/28 09:29
raspberry pi+I2SDAC+volumioでポータブルオーディオ化できないかチャレンジ
raspberry pi+I2SDACでネットワークプレイヤーを作って思ったのが ポータブルオーディオ化したいな。ということ。 問題となりそうなのは4点ですが、そのうちの3点はクリア済み 電源:raspberry pi自体はmicroUSBからの電源供給なのでモバイルバッテリーがあれば問題ない。 音量調整:ポータブルヘッドホンアンプを使用すれば問題ない。 ストレージ:volumioはSDカードの余った部分を設定すれば使えるようになるので問題ない。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/27 12:50
volumioを導入
Raspberry PiとI2SDACを最初に買って導入したのはvolumioでした。 たかじんさんのページに詳細な導入手順がありましたので、音が出るまでほとんど困ることはありませんでした。 音ですが、Raspberry Pi+I2SDACのほうがRaspberry Pi+DA-300USBより良い音がしました。 まぁ、この「良い」の判断が個人的主観ですので判断が難しいところ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/27 12:36
ネットワークオーディオ沼
最近はまってるネットワークオーディオですがこんな感じで沼ってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/27 12:30

トップへ | みんなの「Raspberry Pi」ブログ

WMCOPY Raspberry Piのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる